ヒョードルの現在。戦績,最強,伝説,現在の年齢,今何してる,結婚した嫁,子供など

スポンサーリンク

PRIDE最強の男、ロシアの総合格闘家、ヒョードル。

ヒョードルの現在だ。今何してるのか、現在の活動、結婚した嫁、子供などなど

その前に、ヒョードルの昔、戦績やら伝説やらを軽く振り返っていく

スポンサーリンク

ヒョードルの現在にいたる昔:超一流柔術家

ヒョードルのプロ入り前の経歴は圧巻だ。

元々は、柔道家としてロシアトップクラスの腕前だった。

20才から22才の間に、全露柔道選手権2回制覇、露国際トーナメント制覇と3つの全国大会を制している。

何よりも驚くべきは、
当時、ヒョードルとともにロシア柔道タイトルを独占していたのが、アレクサンドル・ミハイリンである。この男は、2012年ロンドンオリンピック銀メダリストであり、世界柔道選手権は3度も金メダルをとっている。ヒョードルもそのレベルにいたってことだ。

しかし、ヒョードルは柔道をやめてしまった。理由は経済的なものだ。国からの援助が不十分になってしまい、諦めざるを得なかったらしい。

いわゆる【本業が、実力的に無理だったから鞍替えした】ってタイプではない。正真正銘のガチ柔道家が総合格闘技にきたのだ。そりゃつええわ

ヒョードルの現在にいたる昔:PRIDEでの戦績【無敗、最強】

ヒョードルのPRIDEの戦績は、全戦全勝。

2002年から2006年までの14試合で、1度も負けなかった。

1ラウンドKOは、14試合の中で9試合という圧倒的な強さ。

頂上対決と言ったら、

【ヒョードル vs ノゲイラ】のヘビー級タイトルマッチ。

Fedor Emelianenko vs Antonio Rodrigo Nogueira I (2003)

どちらも、PRIDE無敗、連戦連勝の最強のふたりの戦いは、ヒョードルの3R判定勝ちとなった。

PRIDEにおける最強の男は誰かと言われたら間違いなくヒョードルだっただろう。

ヒョードルの現在にいたる昔:公式戦初負けは日本人

2000年5月にプロデビューを果たしてから、
2009年まで33戦32勝だったヒョードル。

戦績から見て伝説級の強さを誇ったわけなんだが、初めての負けは日本人の、しかも30才の総合格闘家だ。

1R17秒TKOということで、めっちゃ弱いやんけ!油断したんか!と思い調べてみた。

すると、超アンラッキー。

たまたま肘が目頭にヒットしてしまい、ドクターストップTKOとなった。ヒョードルもピンピン元気だったのに、「これはノーコンテストにすべき」なんて声が多いぐらいだった。

今度は、ヒョードルの私生活の方を多少見ていく。テンポよくな

スポーツ選手
スポンサーリンク
Aの現在【今】