安倍なつみの現在【なっちモー娘。可愛い今と昔の画像】飯田圭織不仲,旦那の年収職業,子供など

スポンサーリンク

「モー娘。」の長い歴史の中で、もっとも「モー娘。!!!!」して売れまくってたとき、ダントツ人気のセンターだった安倍なつみ。

安倍なつみ今何してる?」

すべての女の子アイドルの頂点に立ったこともある安倍なつみの現在だ。結婚した旦那の話、子供の話、最近の仕事の話、飯田圭織との不仲説の真相、後藤真希(ゴマキ)との不仲説など、ひと通り見ていく。

その前に、「昔モー娘。時代の安倍なつみが、どれほど凄かったか」を、昔の可愛い画像とともに振り返っていく。

スポンサーリンク

安倍なつみ、現在にいたる昔【モー娘。時代・かわいい画像】モーニング娘。後藤真希とどっちが人気だったか?

○スベリ決定の「番組企画アイドル」だったモー娘。
今や伝説的アイドルグループとなっている「モーニング娘。」は、世間的期待度0のアイドルだった。1997年テレビ東京のオーディション番組「ASAYAN」で、「5万枚完売したらメジャーデビュー!成功なるか!?」的な、いかにもスベるのが見えているアイドルグループだったのだ。

しかもメンバーは落選組。モーニング娘の初期メンバー「安倍なつみ、中澤裕子、石黒彩、飯田圭織、福田明日香」の5人は、番組内のオーディションで、決勝までくるも敗北した落選アイドルの5人だった。

○最初からジョット噴射に乗ったモーニング娘。
期待とは大きくハズレ、モーニング娘は、未曽有の大ヒットを遂げる。いきおいはスタートから爆発的だった。

番組企画の「5万枚売れればメジャーデビュー!」で、CD「愛の種」を手売りしたら、なんと世界記録を樹立。1店舗における同じCD1日売上枚数が世界記録の15,614枚を達成。CD売上全体でもいきなり、20万を超える。2曲目も40万枚、翌年3曲目「抱いてHOLD ON ME!」では、50万枚近く売り上げ、メインボーカルの安倍なつみは日本レコード大賞最優秀新人賞、モーニング娘はNHK紅白歌合戦へ出場した。

モーニング娘。 『抱いてHOLD ON ME ! 』 (MV)

その後、「LOVEマシーン」が180万枚の理解不能のヒットとなったのは有名だろう。現代とは違い、少数多売のアイドル商法は一切おこなっていない。1人1枚、180万人の人間がCDを持っているのだ。

モーニング娘。 『LOVEマシーン』 (MV)

○安倍なつみ、「モーニング娘」の特別扱い枠だった
伝説のアイドルグループ「モーニング娘」の黄金時代(1999年~2002年)に、メインボーカル、センター、ナンバーワンとして君臨し続けた安倍なつみ。実は、安倍なつみの特別扱いは、予定されていたものだということがわかっている。
「安倍なつみがずば抜けたアイドルで、ソロで売ろうと思っているんだけど、いきなりソロにするより、アイドルグループに入れて、揉ませようと思っている」所属事務所の社員が言っていた。

安倍なつみ若い頃の画像

○安倍なつみの特別扱い一覧

  • 安倍なつみが活躍していた頃のほとんどの曲で、安倍なつみがメインボーカルを担当
  • 「モーニング娘」メンバーの初CMは、安倍なつみのソロ出演
  • 「モーニング娘」メンバーの初ドラマは、安倍なつみのソロ出演
  • 「モーニング娘」メンバーの初写真集は、安倍なつみのソロ写真集

安倍なつみの特別扱いが、1番わかりやすい曲がある。
モーニング娘の『ふるさと』だ。
モーニング娘の6枚目のシングルと言う体裁だが、ほとんど安倍なつみの曲となっている。

モーニング娘。 『ふるさと』 (MV)

○安倍なつみの卒業コンサートの価格
定価3万円、落選した人は座席関係なしに入場だけで10万円、当日はどこでも20万円、
最前列は100万円超え。とにかく熱狂的なファンが多かった。
「安倍なつみは、モーニング娘のマザーシップ」だと、本人からメンバーからファンたちと全員が言っていたので、どうしようもないほど不安と悲しみといろいろあったらしい。

○安倍なつみの人気の凄さ
安倍なつみの実績として、わかりやすく、とんでもない人気だった事がわかるものがある。
それが、カウントダウンT Vの「恋人にしたいアーティストランキング」のV6だ。
半年に1回行われるランキングで、2001年の下半期から2004年の上半期まで6回連続1位を獲得している。6回1位は前人未到であり、2位は浜崎あゆみの5回だ。モー娘。の黄金期は2002年までなので、安倍なつみの個人の人気で圧倒的だったとわかる。安倍なつみは「究極の童顔」という異名を持っていた。

人気を争った後藤真希が安倍なつみに勝ったのは、2000年の2半期だけ。上半期が後藤3位 安倍4位、下半期が後藤2位 安部3位だった。1度も1位を取ったことがない後藤真希と安倍なつみ、どっちが人気だったか。やはり安倍なつみと言わざるを得ない。

○その後の安倍なつみ
ソロで色んなドラマやCMに出ながら、卒業後に紅白歌合戦出場が決まったと思いきや、盗作疑惑(本人認め済み「素敵だと思った詞を書き留めておく習慣があって、それに手を加えた形で使ってしまった」)で辞退騒動となったり、事務所に反対されていた運転免許証取得して2ヶ月後に人身事故を起こして軽傷で不起訴になったりした。しかしそれでも熱狂的なファンがいて、舞台や写真集や曲やと活動を続けた。

ちなみに盗作疑惑がかかった詞。

安倍の“自作詩”:「宇宙の隅に生きる小さな 私。消えるコトなく(中略)今もあなたに 届けたいコトが こんなにあるの。 ウレシィ」

aikoの『心に乙女』:「宇宙の隅に生きる あたし(中略)それは消える事なく(中略)ねぇ今もあなたに 届けたい事が こんなにある事が うれしい」

aikoはあかんな

安倍なつみ、飯田圭織と不仲説。後藤真希と不仲説【真相】

○安倍なつみ、飯田圭織との不仲を暴露する
2015年9月、「ナカイの窓」に出演した安倍なつみが、当時の飯田圭織との関係について、かなり毒を吐いた。
当時、安部と飯田は、事務所の指示で同居することになった。安倍なつみは、当時の飯田圭織のことをこう話した。

「友達を呼ばない、掃除を交代でするなどの一緒に決めたルールを破っていた」
「お香をすごいをたいていて、部屋の匂いがダメだった」
「よくわからない音楽を聞いていて、騒音のように聞こえた」

世間は「今更そんな暴露したらあかんやで・・・」とかなり不評だった。

○飯田圭織、安倍なつみとの不仲を暴露する
別のタイミングで、飯田圭織も話している。

「メインボーカルを誰が務めるかの争いで、安倍なつみが抜擢されて、ショックを受けた。そのことで安倍なつみに嫌がらせをしてしまったことがある」

ルールを破ったり、匂いのすごいお香をたいたり、騒音音楽を鳴らしたりというのも、嫉妬からの嫌がらせの一環だったのではと言われている。ちなみにこの件は、飯田圭織がビデオレターで安倍なつみに謝罪しており、わだかまりは無くなったとされていた。

○現在は、安倍なつみ、飯田圭織の両名が「ポジティブな関係」と発言
結局どっちなのかというと、まあ昔のことだし、超絶親友というわけでもないが、険悪でもないという感じのようだ。
安倍なつみ「時々会って、高め合える大切な存在」
飯田圭織「(安倍なつみの誕生日に)番組の演出で仲が悪いみたいに思われたことがあったが、本当はとっても大切でかけがえのない人です。なっち、おめでとう」

こんなことを、それぞれ言っている。まるっと鵜呑みにするほど純朴ではないが、険悪ではないのもまた事実だろう。

安倍なつみの現在に続く【結婚した旦那、子供、仕事】今何してる

安倍なつみ、現在の年齢は38歳である。

年取ったなーと思うのと同時に、

うえええええ、キレイな人やなーと感動したりもする。最近子供も産んでいるし、もうひとりぐらいイケや。

アイドル
スポンサーリンク
Aの現在【今】