aikoの現在【今と昔かわいい画像】若い頃,代表曲,結婚,旦那,売上,凄さ,印税

スポンサーリンク

日本を代表する女性シンガーソングライター、aiko。

aikoの現在だ。今何してるのか、現在の人気、結婚の話、旦那の話などなど。

その前に、aikoの昔、若い頃を、デビュー当時ら、テンポよく見ていく。

スポンサーリンク

aikoの現在にいたる昔:デビュー当時【デビュー曲】

aikoは小学生の時から歌手になりたいという気持ちがあった。

親が反対する中、19才のときには、【第9回TEENS’ MUSIC FESTIVAL】でグランプリを取るなど、メジャーデビュー前から怒涛の活躍を見せている。(毎年6000組以上が参加する大会だぞ)

その後も、大会で賞を取る中で、ポニーキャニオンの音楽プロデューサーから声がかかり、プロになる。

メジャーデビュー曲は、【あした】。「新生 トイレの花子さん」の主題歌だ。

aiko-『あした』music video short version

aikoの現在にいたる昔:3rdでブレイク【代表曲】花火

aikoがブレイクしたのは、デビュー翌年の1999年。

aiko-『花火』music video short version

音楽は、大体初動がダメだとそのまましぼんでいくことが多い中、「花火」は、初動26位。新人歌手として称賛されるべき結果だが、人気歌手としてはTOP10には入りたいところ。

しかし「花火」は、サークルKの【冷やし中華】のCMで、ちょっとずつ話題になり、じわじわ右肩上がり、第7周目でTOP10を果たした。

ファーストシングル30000枚、セカンドシングル60000万枚、そして花火は22万枚売れた。

その後、同曲で、Mステに出演。

当時のMステは余裕で20%を超え、30%を超えることもあるような番組。

aikoの知名度も、そこで全国的なものになった。

aikoの現在にいたる昔:波乗り【カブトムシ】代表曲

売れる歌手と売れない歌手の違いは、ブレイクした波に乗れるか。つまり、ブレイク直後の曲が重要だ。

名前が広く知られているうちに、実力を見せつけないと、一気に落ち込んでいく。これがいわゆる、一発屋。

aikoの場合は、【花火】直後の、4thシングルがその鍵となる。

3thシングルから3ヶ月後の1999年11月、発売した曲が、【カブトムシ】である。

波に乗るのうますぎる歌手だ。

aiko-『カブトムシ』music video short version

aikoの現在にいたる昔:1番売れた曲【ボーイフレンド】代表曲

aikoの1番のヒット曲であり、

NHK紅白歌合戦初出場局でもあるのが、

【ボーイフレンド】。カブトムシから約1年後の発売だ。

aiko-『ボーイフレンド』music video short version

ノンタイアップ曲(のちにCMに起用されてはいる)なので、シンプルに名曲ということでヒットしている本曲。

売上は55万ほどとなっている。aikoは100万シングルは出してないんですな。意外だ。

歌手
スポンサーリンク
Aの現在【今】