浅田真央の現在【今何してる2019】凄さ伝説,年収,彼氏,結婚

スポンサーリンク

日本フィギュアスケート界における至宝、伝説の浅田真央。

浅田真央の現在だ。今何してるのか。仕事や年収、彼氏や結婚らにも触れていく。

その前に、浅田真央の伝説的な昔の経歴らも軽く振り返っていく

スポンサーリンク

①浅田真央の現在にいたる伝説的なジュニア時代:12歳

浅田真央が、天才少女として全国的注目を浴びたのは12歳の頃だ。

舞台は全日本選手権。結果は7位。

注目したいのは年齢だ。
1位村主章枝22歳
2位恩田美栄20歳
3位荒川静香21歳
4位太田由希奈16歳
5位安藤美姫15歳
6位中野友加里17歳
7位浅田真央12歳
8位浅田舞14歳(姉)
9位鈴木明子17歳

20を超える全盛期の大人や、高校生たちと混じって、小学生の浅田真央がランクイン。小学生の浅田真央が3連続3回転ジャンプを成功したぞ!って大騒ぎだった。女子初のジュニア戦sん府県でのトリプルアクセル成功だったし。

しかもお姉ちゃんの浅田舞と二人でランクインしているのだから、人が好みそうな話題だった。フィギュアスケート界に天才姉妹現れるって。

②浅田真央、15歳で世界大会、金メダル

浅田真央が初めて世界大会で金メダルをとったのは、3年後だ。

2005年グランプリファイナル、舞台は東京だ。

もうこの頃には、フィギュアスケート界1のスタートして全国的な知名度となっていた。

すべてが上手く行ってた浅田真央は、オリンピックには嫌われてしまっていた。

③浅田真央、実力は世界一でも、オリンピックに出れない

2006年のトリノオリンピック。浅田真央の活躍を日本虫が期待していた。

実績的に出る権利を持っていた浅田真央は、年齢制限にかかったのだ。

足りない日数はわずか87日。浅田真央の誕生日は9月25日なので、6月生まれだったらオリンピックに出場できた。運が悪すぎる・・・。

わずか87日足りなかったということは、オリンピックに出る機会が非常に限られているということだ。
事実、浅田真央が出場したわずか2回。フィギュアスケーターは20代半ばが選手寿命。浅田真央も26歳で引退している。

④浅田真央の現在にいたる昔の伝説:獲得メダル経歴【凄さ】

四大陸選手権:金メダル3回(世界歴代最多)

グランプリファイナル:金メダル4回(世界歴代最多)

世界選手権:金メダル3回(日本歴代最多)
(※世界選手権の歴史は100年以上あり、1920年代までもどると、ソニア・ヘニーが10連覇としていて、参加人数を考えるちょっと比較対象にならない)

他にジュニア世界大会で2つの金メダルを獲得している。コレは12個となっており、すべての日本人フィギュアスケートの中で、歴代最多となっている。

スポーツ選手
スポンサーリンク
Aの現在【今】