浅香唯の現在【今と昔かわいい画像】若い頃,デビュー当時,結婚した旦那,子供

スポンサーリンク

かつて、アイドル四天王とまで呼ばれた浅香唯。

浅香唯の現在だ。今何してるのか。結婚した旦那、子供、現在での活躍、画像らを見ていく

その前に、浅香唯の昔もテンポよく、振り返っていく。若い頃めっちゃ可愛いなー

スポンサーリンク

①浅香唯の現在にいたる昔:デビュー当時、ステレオ欲しい

浅香唯は、赤いステレオが欲しかった。

1984年、少女コミックの「シューティングスター」ヒロイン浅香唯にちなんだ、浅香唯賞を開催された。

商品は赤いステレオ、浅香唯はとにかくこのステレオが欲しかった。

「写真送ってステレオもらえたらラッキーよなー」という極めて合理的な考えで応募した本名「川崎亜紀」。

結果、漫画家が「川崎亜紀」を激推しし、グランプリに選ばれて、もちろん赤いステレオをゲットする。ついでにグアム旅行もついてきた。副賞は赤いステレオだ。

浅香唯がほしかったのはもちろんステレオ。

本人は芸能活動を全くやる気がなかった。

②浅香唯の現在にいたる昔:スカウトの嵐

浅香唯の若い頃

しかし卓越した容姿を持っていた浅香唯に、やまほどスカウトが来た。

そんならやったるかーという感じで、中学卒業と同時に、東京へ足を運ぶことにした。

1985年に芸能デビューを果たした浅香唯の名前で、活動。

翌年には、「スケバン刑事3」主役を演じた。

③浅香唯の現在にいたる昔:超絶忙しいアイドル

CDの売上も高調で、1985年デビューで、80年代後半からのデビューにも関わらず、80年代CD売上げのTOP50inランキングでは8位となった。

浅香唯の若い頃

特に1988年1980年の勢いはすごく、シングル売上20万以上を連発して、

この勢いのままイケば、ポスト松田聖子も有るんやないのと言われたり。

当時のアイドル四天王の称号というのは結構重い。

④浅香唯の現在にいたる昔:ただのアイドル四天王ではない理由

1990年頃のアイドルたちは、尋常ではなかった。

アイドル歌手女王、松田聖子。

松田聖子の売上平均23万を超え、売上平均27万の中森明菜。

2人が達成できなかったアイドル歌手ミリオンを達成し、CM女王だった小泉今日子

他にも宮沢りえや牧瀬里穂、おニャン子クラブなどなどなど。

日本芸能界で、最もソロアイドルが盛り上がっていた時代でもあり、超人気アイドルがごった返していた。

「浅香唯・南野陽子・中山美穂・工藤静香」この4人は、ドラマ・CM・雑誌・ラジオ・映画・歌と、もっとも忙しいアイドルとして、アイドル四天王と称された。

アイドル
スポンサーリンク
Aの現在【今】