アベンジャーズのキャストの現在【エグすぎる年収、資産】俳優,女優,インスタ

スポンサーリンク

超超超歴史的スーパーヒットシリーズ映画【アベンジャーズ】。

アベンジャーズを出演しているキャストの年収資産はとんでもないことになっているだろう。

ということで調べてみたのが今回。推測の数値も多いが、フォーブスらある程度参考になる数値を引っ張ってきた。

スポンサーリンク

アベンジャーズのキャストの年収、資産:前提の話【どれぐらいのヒットしたのか】

まず大前提を説明する。

なぜか。
どれぐらいのヒットをかましたのかがわからないと、「どんだけキャスト稼いだんや」と好奇心も中途半端だからだ。

よって、
【アベンジャーズ】4作品を、かんたんに説明する。

第1作【アベンジャーズ】
興行収入15.19億ドル
「公開3日で興行収入2億ドル」を、史上初めて突き抜けた映画。伝説の始まり。
第2作【アベンジャーズエイジ・オブ・ウルトロン】
興行収入14.03億ドル
シリーズ”最低”興行収入。シリーズ最低なのに世界興行収入歴代7位という意味不明記録を達成。【ハリーポッター】の最高記録は、最終章8作目の13.28億ドル。あべんじゃーずこわい。
第3作【アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー】
興行収入20.484億ドル
公開3日間で、史上初めて2.5億ドルを突破した映画。3日間での世界興行収入は6億ドルを突破して歴代最高記録。
第4作【アベンジャーズ/エンドゲーム】興行収入28億。
世界興行収入ランキング2大巨頭【タイタニック】【アバター】を超えた【アベンジャーズ】最終章
1997年【タイタニック】22億ドル
2009年【アバター】27.9億ドル
歴史に名を残したアベンジャーズシリーズにふさわしい最終章。
実のところ、アメリカ国内での興行収入歴代1位は、【アバター】でも【アベンジャーズ/エンドゲーム】でもなく、【スターウォーズ/フォースの覚醒】だったりする。

うーん、なんとなくを並べただけでも、とんでもない実績ばかりだ。やはり気になるのが、アベンジャーズのキャストはどれぐらい恩恵得てるの?って部分だ。

1人1人テンポよく見ていきたい。

アベンジャーズのキャスト:チャドウィック・ボーズマンの現在【インスタ・年収・資産・年齢】ブラックパンサー役

 

この投稿をInstagramで見る

 

“When does this movie come out?” – @marjore #21with21Bridges⁣ ⁣ Who’s going to see #21Bridges tonight?

Chadwick Boseman(@chadwickboseman)がシェアした投稿 –

チャドウィック・ボーズマンの年齢:1977/11/29生まれ、42歳

チャドウィック・ボーズマンの資産、年収:資産800万ドル、年収200万ドル。

資産も収入も、アベンジャーズ出演キャストとしては少ないように見える。
しかし、チャドウィック・ボーズマンは、ここ数年で800万ドルのほとんどを稼ぎ出しており、少なくとも数年間で税抜15億円ぐらいは入っているのだから尋常ではない。

さらに、アベンジャーズから派生して、チャドウィック・ボーズマン主演映画【ブラックパンサー(2018)】が公開、興行収入13.5億ドルを達成してしまった。この記録は、一時期歴代8位にまでのぼりつめている。

さらにさらに、インスタフォロワーは700万を超えており、へたな資産”数千万ドル”クラスのハリウッドスターよりも多いアカウントに成長。今後ますます活躍していくだろう俳優だ。

映画 海外スター
スポンサーリンク
Aの現在【今】