ビルゲイツの現在【資産,年収,時給,月給】幼少期,子供時代,嫁

スポンサーリンク

総資産額、24年連続首位というビルゲイツ。

世界的なお金持ちビルゲイツの現在だ。今何しているのか。

その前に、ビルゲイツの昔を軽く振り返ってもいく。

スポンサーリンク

ビルゲイツ、幼少期、子供時代

趣味は読書。

特に好んでいたのは偉大な発明家の伝記だったらしい。

やっぱり頭が良かったようで、IQは160。(正直IQを正式に図ったわけではないだろうから、眉唾やで)

ビルゲイツ、学歴

レイクサイド中高で、試験的に導入されていたPCに触れて、15歳で会社から仕事が来るぐらいのPC通になった。

しかも仕事依頼をしていたのは1社ではないところがすごい。

ビルゲイツは、ハーバード大学に行って、ポーカーにハマって、勉強は微妙だった。

が、PCには並々ならぬ行動力を発揮して、19歳ではハーバード大学に通いながら、MITSの社員になっていた。マイクロソフト社創業も19歳。

ビルゲイツの現在にいたる昔:OSの価値に気がついていた数少ない人物

PCはハードだけでは動かない。ソフトだけでも動かない。

動かすためには、難解なプログラム言語を打ち込む必要がある。

しかし、PCを動かすのに、難解な言語を覚えるなんて馬鹿げている。

「じゃあ代わりにやってくれるものを作ろう」

OSとは、「難解」をやらなくても済む、PCを気軽に動かすための「超補助装置」。

 

当時、マイクロソフトOSの大手契約先、IBMに認めさせた条件は以下

①1台あたりの使用量って形でOSを売るよ
②IBM以外にも売るからね

IBMはビルゲイツの思惑に気が付かなかった。

「PCそんなたくさん売れないし、そもそも企業用だし。年間数千台ならやすいもんやろ」
「コイツ、PCが、将来的にめちゃくちゃ売れるとか思ってるの? ありえねえだろ。若さだね。学べよ若者よ」

ビルゲイツは、PCのそしてOSの価値に気がついていた数少ない人物だった

ビルゲイツの現在にいたる昔:OSで金持ちになったビルゲイツ、実は、OSを開発していない

実は、マイクロソフトのOSは、シアトルコンピュータープロダクツから買収したものだった。(もちろん改良はした)

シアトルコンピュータープロダクツが、マイクロソフトにOSを売った価格は、たったの75000ドル。自分たちの作ったOSの素晴らしさを気がついていなかったわけだ。

シアトルコンピュータープロダクツは後に「僕たち騙された!タダ同然じゃないか!」と、声明をあげた。要するに「こんなに流行るなんて聞いていない」と先見性が無いと露呈するなんとも情けない話だが、お金にはかえられないのかもしれない。

ビルゲイツは、「じゃあ100万ドルにしようね」と92.5万ドルをあげた。その程度屁でもないし

ビルゲイツ、そしてお金持ちになった【2019年OSの使用割合】

高性能OSを目指したビルゲイツ。

ライバルは、ジョブズ率いるMacintoshプロジェクト。「誰でも使えるPCを作ろう」ビルゲイツと必ずぶつかる信念を持っているプロジェクトだ。

そして現在だ。WindowsのOSは、約88%のシェアを持つにいたり、PC1台あたりから使用料は、今でも入り続けている。

男性
スポンサーリンク
Aの現在【今】