【増えるタトゥー】チェヨンの現在までのプレイバック【性格、ソロデビュー】

チェヨンは、TWICEの最年少で最低身長のメンバーだ。

チェヨンはTWICEメンバーの中で唯一タトゥーを入れて話題となった。

チェヨンは非常にクールな性格で、メンバー最年少がゆえにお姉さま方にこき使われている

スポンサーリンク

【TWICE】チェヨンのデビュー当時が、同じ末っ子のツウィと対照的すぎた

チェヨンは、TWICEのメンバーとしてツウィと同い年の末っ子だ。

デビュー当時は16歳。ツウィが170cmでグループ最高身長に対して、チェヨンはグループ最低身長158cmだった。

さらに、ツウィが容姿でずば抜けていながらアイドルパフォーマンスの評価が低かったのに対して、チェヨンは常に高評価を得ていた。

SIXTEENでは、参加メンバーがお題で競い合って、メジャー判定orマイナー判定で勝ち負けを競う。チェヨンは、TWICE全メンバー中で最多メジャー判定を受けたメンバーだ。オーディションで最も優秀な成績だったメンバーの1人だったといえる。逆にツウィはほとんどマイナーにいたが、視聴者投票で1位を何度も取っていて、特例で合格となった。

【TWICE】チェヨン、初めてタトゥーを入れる

2019年、TWICEという世界的大アイドルグループのメンバーが、タトゥーを入れたとして大きな話題を呼んだ。

チェヨンが最初に入れたタトゥーは、手首に入れた唇のタトゥーだ。

当時は、「入れるはずがないシールだ」派と「何日たっても場所が全く変わらない本物だ」派で、議論が起こっていた。しかしのちのサイン会でチェヨン自身が本物だよーと応えてくれたらしい。

【TWICE】チェヨンの性格は?【クールで、こき使われる】

チェヨンは、受け応えがしっかりしているのでクールな印象を持たれやすい。さらに、悪質なファンや嫌がらせに対してハッキリと「やめてほしい」と声を上げるなど自分を貫く強さも持っています。

一方で、TWICEメンバーの中でのチェヨンは、お姉さん方に振り回されて、ちょっと反抗しながらも結局は全部言う通りにしちゃう世話焼き末っ子な一面もあります。

チェヨンがしっかりものの妹ってところは、ファンの前でもメンバーでも同じだ。

【TWICE】チェヨンの現在めちゃくちゃ増えたタトゥー【事務所の反応は?】

チェヨンはその後も、首のハート、にんじんにトマト、指のお花と、タトゥーがどんどん増えていった。

 

この投稿をInstagramで見る

 

채영 CHAEYOUNG(@chaeyo.0)がシェアした投稿

 

この投稿をInstagramで見る

 

REDPOINT💋.(@redpoint423)がシェアした投稿

オシャレなチェヨンなので、好意的にとらえているファンも多く、現在では自然と受け入れているファンがほとんどだ。むしろうるさく言う方がダサい印象すら与えてしまうスター性が、チェヨンにはある。

それでもやはり、タトゥーが増えていくのを見ると「タトゥー中毒者になったのか?」「精神的に病んでるのか?」と見られるのは面もあるようだ。なにしろ世界で最も有名なソロアーティストの1人であるジャスティンビーバーもかつては、スターとしての重責にメンタルを病んでタトゥーが増えていったからである。

ところがチェヨンの場合はそうではない。
JYPエンターテインメントは、大手事務所の中でも随一の善良な事務所であることで有名で、かなり自由な校風として親しまれている。たとえば、ツウィが事務所の許可が出ないからと髪を切ることを諦めていたことがあった。しかし、TWICEモモは事務所の許可が出ていなかったにも関わらずお姫様カットにして「切りたいから切った。ツウィも自分のやりたいようにしなよ」と背中を押したことがあった。他にも、JYPエンターテインメントには他にもタトゥーを入れているアーティストは多数在籍している影響も大きいかもしれない。

【TWICE】チェヨンの現在:ソロデビューはかなり遠いか?

2022年にナヨン、2023年にジヒョがソロデビューを果たしたTWICE。ともに大成功を迎えていることもあり、次は誰だと騒がれている。

今のところ歌唱力と年齢ともにTOP2の2人が選ばれていることもあるので、最年少でメンバーの中で歌唱力トップと見られているわけでもないツウィとチェヨンのソロデビューはまだ先っぽい。

チェヨンは、「CHAEYOUNG MELODY PROJECT」と銘打ってソロでカバー曲を何度か発表したことがある。チェヨンはメインラッパーを担当するだけに、高い歌唱力を見せている。TWICEとして楽曲を出すときは担当は少ないので歌唱力が評価されにくいだけなのだ。このチェヨンの実力を認められて、近いうちにソロデビューできるとファンは大喜びするだろう。

アイドル韓国
スポンサーリンク
スポンサーリンク
Aの現在【今】