チェッカーズ高杢禎彦の現在【フミヤとの不仲の今】ガン,再結成しない訳,画像

スポンサーリンク

実は、チェッカーズの4人は再結成済み

チェッカーズの現在
(https://www.oricon.co.jp/news/2122253/photo/2/)

○2018年、藤井フミヤ派、集まる
2018年のアブラーズ15周年、チェッカーズデビュー35周年で、アブラーズのライブに藤井フミヤが出演した。アブラーズは、2003年に武内享、大土井裕二、徳永善也、藤井尚之の4人で結成したバンドである。

○チェッカーズの曲を連発
ライブ内では、ヒットのきっかけとなった「涙のリクエスト」を始めとした、チェッカーズの曲を多数披露して大盛り上がりとなった。
メンバーが集まることも抵抗がない、チェッカーズの歌をうたうことも抵抗がない。じゃあ6人揃ってチェッカーズが再結成しない理由って・・・

チェッカーズが再結成しない理由【不仲】

○チェッカーズが再結成しない表面上の理由
チェッカーズの再結成について、高杢禎彦も藤井フミヤも、触れたことがある。
高杢禎彦は、「チェッカーズの再結成はしたい。したいけど、1人亡くなっている。やろうと思えばやれると思うが、本来の姿ではない」
藤井フミヤは、「チェッカーズはクロベエ(故徳永善也さん)が死んじゃったからね・・・」

○真の理由はやっぱり、藤井フミヤ派と高杢禎彦派の確執
やっぱり、「藤井フミヤ、武内享、大土井裕二、藤井尚之」「高杢禎彦、鶴久政治」の確執があるのではないかというのが、主な見方だ。
高杢禎彦の暴露本の中で、藤井フミヤを批判して溝が深まった?
さらに、翌年の「クロベエを送る会」の発起人から、高杢禎彦と鶴久政治を外したことで、決定的になった。現実に、「藤井フミヤ、武内享、大土井裕二、藤井尚之」の4人は、チェッカーズのデビュー35周年の2018年に共演しているわけで・・・

実際には、「今更仲良しベタベタもかっこ悪いしなー」みたい、そのぐらい軽い理由なのではないかという考え方もある。私もこれ派だ。

チェッカーズ高杢禎彦の現在

チェッカーズ高杢禎彦の現在

○現在の高杢禎彦
俳優として映画に出演したり、バラエティ番組にでたり、歌手としてソロで活躍したりと、精力的な活躍を見せている。病気もないようだし、元気でよかった。

おわり

歌手
スポンサーリンク
Aの現在【今】