デニスロッドマンの現在【資産,年俸,豪邸】伝説,記録,画像,子供,加藤浩次

スポンサーリンク

デニスロッドマン、「Any tickets」スポンサーに

MJ is the GOAT over LeBron, would average 50 points if he played today – Dennis Rodman | First Take

○デニスロッドマンの帽子
デニスロッドマンと言ったら、だいたい同じ帽子をかぶっている。スポンサーの帽子だ。
ちょっと前までは、新しい仮想通貨の帽子をかぶっていたのだが、最近はもっぱら「Any tickets」の帽子をかぶっている。配券会社の大企業だ。

○デニスロッドマンのスポンサー効果
デニスロッドマンは、北朝鮮らを始め、引退した現在58歳となっても、なにかと注目を浴びる人物だ。政治的なものや奇行的なものや理由は様々だが、反響はかなりデカイようで、周知してもらうためにかなり役に立っているらしい。

○が、資産は50万ドルのデニスロッドマン
やはりデニスロッドマンは現在もあるだけお金を使ってしまうのか、そういったお金が入る場所はもっているのに、50万ドルしか(デニスロッドマンにしては)もっていないというのは、彼らしいと言えるのかもしれない

デニスロッドマンと加藤浩次のエピソード

○加藤浩次、狂犬だったときにデニスロッドマンと出会う
加藤浩次は、今でこそ、爽やかで真面目、社会的な人間にしか見えないのだが、昔は狂犬加藤浩次と言われる時代があった。ようするに、暴力的もしくはチンピラ的芸人だったのだ。
鶴瓶さんにバスケットボールを後ろから思いっきりぶつけて、褒められたこともあって、俺こっちで行けるわと自信を持っていた時期でもあったらしい。そんな加藤浩次がデニスロッドマンと出会った

○デニスロッドマンにメンチ切る加藤浩次
デニスロッドマンに絡まれたら面白いだろうなーと考えた加藤浩次は、デニスロッドマンの横に立って、ガンを飛ばしまくったらしい。デニスロッドマンもチラチラこっち見てんなと、加藤浩次は気がついた。
うまくいっているなと喜んでいた加藤浩次に、通訳が声をかけた。「コイツ、コ○してもいいかって言ってますけど・・・」そのあと、一切デニスロッドマンと目が合わせられなかったらしい。

○デニスロッドマン、203cm
デニスロッドマンと言ったら、203cmの身長にムキムキマッチョな肉体、大柄なNBAプレイヤーばかりの世界で、乱闘もしょっちゅうだった選手である。そんな選手にガンを飛ばした加藤浩次は、もうちょっとデニスロッドマンの自制心がなかったらぐちゃぐちゃになっていただろうなー。

おわり

 

 

海外スター
スポンサーリンク
Aの現在【今】