アインシュタイン芸人の現在【お笑い】稲田直樹と河井ゆずる面白いエピソード

スポンサーリンク

アインシュタイン【芸人】の現在に関する記事だ。

アインシュタイン稲田直樹と河井ゆずるが、今どうなっているのかをまとめてある。

アインシュタインのこれまでの爆笑エピソードや芸歴も振り返っていく。

スポンサーリンク

アインシュタインってどんなお笑い芸人?芸歴【稲田と河井ゆずる】面白いエピソード

①アインシュタイン稲田直樹

②アインシュタイン河井ゆずる

③アインシュタインお笑いコンビとして

この3つの投げれに沿って紹介していく。稲田直樹も河井ゆずるも、魅力あふれる芸人であることがわかった。

アインシュタイン稲田直樹【芸人】

・吉本ブサイク芸人ランキング6人目の3度の1位を獲得して、殿堂入りを果たした。「弱い者いじめみたいになって申し訳ない。誇りを持っている」と話した。

稲田直樹(アインシュタイン) 吉本坂46三次審査用動画自分CM

・104万円をかけて16000本の人工毛で増毛に取り組み、半年で15800本を失った。

・「ご飯行くならホテルに行こう!」とSNSのDMをファンの女の子に送ったことがある。
その日、劇場前で「稲田さんにホテルに誘われました!」と叫ばれ、茫然自失のアインシュタイン稲田は、自転車も放置してタクシーで帰宅し、とんでもない問題になるのではないかと、布団にくるまり震えておびえていた

・稲田直樹の顔面の覇気は強く、子供がことごとく泣いていく

・稲田直樹の顎については、幼少期は出ていなかったと話すも、3歳の時の写真を投稿して、出ていたことが判明した。

 

View this post on Instagram

 

アインシュタイン 稲田直樹さん(@inada1228)がシェアした投稿

・アインシュタイン稲田の顔色が悪いと病気が心配されることもある。「アトピー性皮膚炎」が原因ではないかと言われている。かゆみでカキすぎることによって皮膚が炎症、黒ずんでしまっているのではということのようだ。

・驚くべきは、アインシュタイン稲田は、容姿でいじめにあったことが子供の頃から1度も無い。本人は、「周りの人が優しかっただけ」と言っているが、稲田自身のユーモアセンスがずば抜けていて人気者だったのだろうと考える。

・小学校のときには、頭のてっぺんだけちょっと髪を残して登校するなど、笑いに対してかなりストイックだったら。ちなみにそのときは、先生により、問題がセンシティブなものに。どんなに自分でやったと言っても「ノーといえるようにならないといけないよ」と優しく諭されたらしい。有能なのか無能なのかわからん先生である。

アインシュタイン河井ゆずる【芸人】

・吉本男前芸人ランキング1位を獲得して、稲田とダブル受賞を果たす

・河井ゆずる自身ギャル好きで、ギャルのファンがおおいことから、”河井ギャル軍団の教祖”と呼ぶものも多い。現在では、河井ファンのギャルが、「ゆずる~」とギャル男友達感覚で話しかけてくるらしい。

・好きな女のタイプは「お金持ちのお嬢様」「Sっ気のある子」「髪長め、スタイル細身」「少しダサい服」「笑顔が似合う子」

・幼少期に父親が蒸発したことを背景に、母親を幸せにしたい思いが強く、早く親孝行がしたいと想っている

・母親はとても明るく、泡吹いて苦しんでいる息子に「カニ」と言える感性を持っている。

・とにかく家族思いで、学生時代は弟の学費を払うためにアルバイトをしていた

・番組で買い物コーナーがあったりすると、母親のための電気毛布など、母親のための物が多い。イケメン。

・30年ぶりに父親と再開を果たしている

アインシュタイン【芸人】として

・稲田から猛烈コールを受けて河井ゆずるが折れる形でコンビを結成。

・お笑い賞レースの優勝は、2018年にNHK上方漫才コンテストと2014年のオールザッツ漫才のみ

・M-1は準決勝進出3回、準々決勝進出1回。敗者復活には上位4組まで残り、M-1優勝を今最も期待されているお笑い芸人コンビの1つ。

・THE MANZAIでは、認定漫才師になるものの、結果を残せずにいる

・しかしネタはめちゃくちゃ好評

【よしもと漫才劇場お披露目公演】アインシュタイン

・アインシュタインは実力派の芸人。アインシュタイン稲田直樹の強烈な見た目から、自虐ネタを使うこともあるのだが、漫才では掴みで使うのみ、その殆どを掛け合いで笑いを取っている。

アインシュタインの現在に続く。

お笑い芸人
スポンサーリンク
Aの現在【今】