ハマカーンお笑いの消えた現在。THE MANZAI優勝芸人の末路とは・・・

スポンサーリンク
ハマカーン浜谷、神田の現在 お笑い芸人

THE MANZAIで優勝したお笑い芸人ハマカーン。

現在は、優勝したのにふさわしいお笑い芸人ハマカーンとしているのか?その活躍具合を調べてみた。

ハマカーンの現在に行く前に、ハマカーンの経歴を軽くさらうことにする。エリートである。

ハマカーンのエリート芸歴

ハマカーン、浜谷と神田、大学で出会う

東京農工大学工学部、偏差値は55だ。

神田が、同じ柔道部の後輩である浜谷を誘い、お笑い芸人になる。

一緒に中退する

2006年「ハマカーンさ、君ら、M-1出れんの?」

ハマカーンの所属事務所、キーストーンが解散した。

路頭に迷っていたハマカーンは、ケイダッシュステージに入った。

M-1準決勝に進出することが条件だった。

出れないなら首だ。
本当に出れるかどうかはわからないし、確信もなかった。しかし約束するしかなかった。もし達成できなければ、いまより酷い状態になるのもわかっているが、選択肢はない。

2007年、お笑いホープ大賞で準優勝

38社のプロダクションから選りすぐりの若手ホープが出演したお笑い大会。

精鋭72組の中で2位を獲得する

2008年、ハマカーンM-1準決勝進出

4489組の中で、準決勝まで行った。

所属から2年で、事務所の要求にこたえるハマカーンの二人。

が、同事務所のオードリーが2位を獲得したので、事務所内では、ハマカーンのノルマ達成のお祝いは、ショボショボショボと小さかった。

2010年、漫才新人大賞(1位)獲得

おおよそ150組中の1位である。

参加費は当日1000円で、優勝賞金10万円を持って帰った。

2010年、M-1グランプリ準決勝進出

安定した漫才の面白さをもつハマカーンは、再びノルマを達成した。しかし欲しいのは前より上の成績だったハマカーンの二人。

R-1参加のハマカーン浜谷は、鳴かず飛ばず

2009年2回戦、2010年2回戦、2011年1回戦。

浜谷けんじ名義をはまたに名義にしたり、工夫を凝らしたが、むしろ後退した。

ハマカーン浜谷は、R-1を諦める

ハマカーン、自虐を始める

オードリーやドキドキキャンプが売れ始めたので、そのバーターとして番組に呼ばれることが増えた。

事務所の人たちは、やきもきするハマカーンにたいして、常々言った。

「ハマカーンは顔もそれなりだし、ネタも面白いし、頭もいいし、次絶対に来るよ」

9年間ぐらい言われ続けたので、そろそろ気付き始めた。ハマカーン、来ないかもしれない

2012年、ハマカーン、来る

THE MANZAIで優勝を果たす。実は2011年にも1500組の中で決勝に進出している。しかし負けた。先輩のHi-Hi(ハイハイ)に、阻まれた。

去年以上の結果を。

2012年は、エントリー数1740組、昨年よりも多かった。

決勝にまで進んだハマカーンは当日、ウーマンラッシュアワーやテンダラーの漫才に、自信を打ち砕かれたという。

「勝てないならせめて、好きな方のネタをやろう」

急遽予定を変えてやる予定のなかったネタを披露。ハマカーンは、優勝した。

THE MANNZAI 2012 決勝ネタ「ハマカーン」

ハマカーン、爆笑オンエアバトルの戦績が強者

23勝2敗の常連上昇コンビである。ハマカーンは間違いなく実力で、来ている。

ハマカーン、2013年、もっと来る【浜谷・神田】

ハマカーン浜谷は、ブレイク芸人ランキング2位

ハマカーン神田が、ブレイク芸人ランキング4位

ハマカーンの二人は思った。

これが来るなのかってことか。もっと来いもっと来い。

ハマカーン神田、「神田うのファミリーカード」で、後輩にオゴる

ハマカーン神田が、神田うのの弟であることは周知のとおり。

神田うのは、ハマカーン神田に、「後輩芸人にこれでおごりなさい」とファミリカード(クレジットカード)を渡していた。「好きなだけおごっていいからね」

金持ち家庭&可愛がられて育ったハマカーン神田は、世間と認識がずれているところがあるので、特に何も考えず「うん、ありがとうお姉ちゃん」とファミリーカードをありがたく使っていた

ハマカーン神田、神田うのファミリーカードを封印する

いつも通り食事をして、神田うのファミリーカードを使って支払いを済ました時だった。

ハマカーン浜谷が言った。

「おまえ、それわかってんの?」

お姉さんのクレジットカード使ってあまちゃんめと、ボケのつもりだった浜谷だ。

神田は店員に返されたファミリーカードを見つめていた。以降ハマカーン神田は、うのカードを使わなくなった。

「いやいや、そこは使えよ、うのさんのカード」
「おまえが、使うなって言ったから使わないんじゃん」
「そこは使うんだよ」

ハマカーン神田は、おねえちゃんにおんぶにだっこで良くないぞと思って、考えが固まってしまったらしい。

そんなエピソードをはさみながら、ハマカーンのもとに来てしまった。ベッキーだ。

2016年、ベッキー洪水警報が発令する

2016年とベッキーと言えば、不倫である。

そうゲスの極みだ。

ハマカーンはなーんにも悪くないのだが、ハマカーンの決め台詞は「下衆の極み」だった。完全一致だ。

ベッキー報道以降、各局で「ハマカーン、下衆の極みのフレーズはNGなんで」と言われるようになった。

酷いときには、「ゲスの極みを連想させるから、ハマカーンさんNGで」もあったとかなかったとか。

ハマカーン浜谷は強く主張した。

「我々は、あの事件の最後の被害者!」

ハマカーン神田は言った。

「しょうがないよ」

続いて、ハマカーンの現在に向かって行く