髭男爵の現在は?山田ルイ53世は今、絶好調!相方のひぐち君は?

スポンサーリンク
スポンサーリンク

一発屋芸人、消えた、落ちたと揶揄される。かつて売れっ子だったお笑い芸人、それが髭男爵だ。

一発屋芸人の復活は難しい。新しい芸人が半永久的にベルトコンベアーでやってくる現状で、「一発屋」としてのバイアスを打ち破らなければならない。

「彼らを真に求めてるファンはいないでしょ。せいぜいあの人は今で呼ぶ程度」スタッフはそう考えている。厳しいが、現実である。ひどく厳しい現実を前に、髭男爵は今年2018年、ブレイクした10年越しに復活の兆しを見せているという。髭男爵の現在を追う。

髭男爵の山田ルイ53世の現在。作家芸人として評価うなぎのぼり

めざましテレビに出演
山田ルイ53世の現在
(出典元:https://ameblo.jp/higedannsyaku-blog/)

2018年5月31日に1発屋芸人列伝を出版、編集部が選ぶ雑誌ジャーナリズム作品賞を受賞した。

2018年10月の段階で、レビュー40件超えで☆4.4の凄い評価。
読者を引き込ませる筆力に、さ2015年8月31日に出版していた「ヒキコモリ漂流記」も売れだして、10月段階で、レビュー50件超えで☆4.3。作家としての才能が完全に発揮されていることがわかる。

きっかけの「一発屋芸人列伝」は「Yahoo!ニュース 本屋大賞 ノンフィクション本大賞」にもノミネートされており、対象の発表は11月初旬なようだ。

もしこちらも受賞すれば、2冠となればさらなる飛躍につながるだろう。ルイ53世の活躍の場は、作家の道になるかもしれない。

山田ルイ53世のテレビの活躍は、めざましテレビだけではない。他にも10月13日放送の日本テレビ「嵐にしやがれ」隠れ家ARASIに出演するなど、まさに復活の予兆。
番組では、櫻井翔さんに「嵐の裏側」というタイトルで出版することを提案し、「嵐の皆さんが『嵐じゃない部分』を見せるの、嵐しかいないと思うんですよね」というコメントに、視聴者からは大絶賛。評価は急上昇。嵐のファンは膨大な人数がおり、高評価で塗り固まっている

山田ルイ53世は間違いなく、一発屋としてのバイアスを破壊できたと言えるのではないでしょうか。ではひぐち君はどうだろうか

髭男爵のひぐち君の現在


ワインエキスパートの資格をとって、今なおワイン関係の仕事を取るために奮闘中らしい。国内外のワイナリーを訪れて、知見を深めている。

 

View this post on Instagram

 

岩手朝日テレビの5時間生放送終わりに思い立って、自園自醸ワイン紫波の醸造家 佐藤祐介さんに会いに。先日飲んだ15のCSに衝撃を受け、どうしても行きたくて。突然の訪問&お忙しいこの時期にもかかわらず、ワイナリーを案内していただきました。ホントすいません。15は天候もよかったらしく、いいCSになったそう。同じ東北の山形に比べ、岩手は冷涼なので青っぽさが出やすいのだが、15には全くないという。紫波のCSはこれから注目の品種かもだそうです。 ピュピトルに挿さっているのは、瓶内二次発酵が終わり、澱を瓶口に集め中のベーリーAのスパークリング。 冷蔵庫で一旦落ち着かせる収穫したシャルドネ。ショウジョウバエの混入を防ぐ効果も。 毎年10月に開催される紫波ワインまつり。 ワイナリー限定のワインなど、東京ではなかなかお目にかかれないオススメを買わせていただきましたー。 ちなみに、盛岡での夕食は二日連続麺。 #自園自醸ワイン紫波 #紫波フルーツパーク #岩手県 #紫波町 #白龍 #じゃじゃ麺 #ぴょんぴょん舎 #冷麺 #盛岡 #japanesewine #vinjaponais #日本ワイン #日本ワインを日常に #ワイナリー #wine #vin #vino #winetime #winelover #instawine #wineexpert

ひぐち君 ワインエキスパートさん(@higehiguchi)がシェアした投稿 –

山田ルイ53世からは、「ワインの勉強もいいけど、お笑いの勉強もしてよ」と言われている。しかしひぐち君は、相方が作家やラジオの仕事を頑張っているから、お互い別の分野でやると決めている。

ワイン関係で月50万近い請求があることもあるらしく、貯金を切り崩す月もある。「うさぎの生活レベルだけは落としたくないから頑張ります」

いまはひぐち君がワイン関係の仕事で大活躍しているというニュースらは飛び込んできませんが、この努力を続けていい、いずれワイン関係の番組にも引っ張りだこになれたら嬉しいですね。

少しずつ少しずつ、努力は実を結んでいるかもしれません。

おわり