平井堅の現在。今と昔,デビュー当時,伝説記録,CD売上,カラオケ印税,恋人

スポンサーリンク

すごい歌手であると同時に、おもしろいバラードおじさんでもある平井堅。

平井堅の現在だ。今何してるのか、カラオケ印税、CD売上、現在での人気、結婚した嫁、彼女などなど。

その前に平井堅の昔についても、軽く振り返っていく。意外と苦労人だった。

スポンサーリンク

平井堅の現在にいたる昔:デビューからいきなり絶好のチャンス

1995年、23歳でデビューした平井堅。

運のいいことに、1stシングルは、三谷幸喜作品フジテレビ水9の「王様のレストラン」エンディング曲。

絶好の場所で売れるチャンスを手に入れた平井堅。

結果は、4万4000枚。オリコンもギリギリ50位ランクインという、全く振るわない結果となった。

いやいや、アルバムはもうちょっと売れるだろうと願いを込めて出したファーストアルバムは、18100枚。ファーストシングルを下回る結果となった。

歌手の売れる流れは決まっている。
シングルで知名度を上げて、気になった人たちがアルバムで試してみるのだ。
よって、評価を受ければアルバムが売れる。しかし、興味を引けない歌手は、シングルよりもアルバムのほうが売れない。まさか平井堅のデビュー当時がそうだったとは、知らなかった。

平井堅の現在にいたる昔:苦節5年

スタートで、スリップを決めてしまった平井堅。

平井堅は、ここから5年間、売れない下積みを積むことになる。

「話題の新人!」という肩書を使うことも出来ず、2ndシングル2万5000枚、3rdシングル1万5000枚、どんどん下がっていって、6thシングルでは1万枚となった。

もうおわりだ、もうだめなんや。そして2000年、平井堅が最後のチャンスにいどむ。

平井堅の現在にいたる昔:「楽園」あきらめ

8thシングル「楽園」。

平井堅にとって、このシングルは、「コレでだめなら、歌手はやめよう」と思っていた作品だった。

「楽園」音楽CMは、北海道と福岡のたった2地域でした配信されないものだった。効果なんて有るかどうかわからない。

だが、配信開始から一気に風上が変わった。
CMに関する問い合わせが、1日50本以上殺到したのだ。

平井堅の現在にいたる昔:「楽園」超ヒット

実は、楽園の音楽CMには、当時のトップ女優、江角マキコが出演していたのだ。

江角マキコといったら、1995年頃からつねにCMランキング5位以内に入っていたトップ女優だ。

この出来事が話題となって、「え、うちの地域ではCMないんだけど」という問い合わせも殺到。2地域放送だったCMが、急遽47地域の全国放送になった。

そして楽園は、一気に50倍売上の50万枚を達成。平井堅はトップ歌手の仲間入りを果たす。

本来、無名の平井堅の音楽CMに、トップ女優が出演することはありえない。

実現したのは、平井堅の曲が江角マキコの心を捉えたからだという。

平井堅自身が、ダメ元で同じ研音所属の江角マキコに出演打診をすると、曲を聴いた江角マキコがOKを出してくれたのだ。

平井堅が、もしこの打診をしていなかったら、平井堅が音楽界にいることもなかったということだ。江角マキコさんきゅーである。

歌手
スポンサーリンク
Aの現在【今】