一青窈の現在【ハナミズキ歌手の今と昔2019】CD売上,印税,年収,結婚した旦那,人気

スポンサーリンク

代表曲「ハナミズキ」で、三世ぐらい風靡した歌手、一青窈。

一青窈の現在だ。女性アーティスト一青窈は今何してるのか、CD売上、年収、カラオケ印税、伝説、結婚した旦那、子供、現在の活動らを見ていく

その前に、一青窈のデビュー当時ら、昔も軽く振り返っていく

スポンサーリンク

一青窈の現在にいたる昔:デビューからブースト

2002年に26歳、アマチュアとして歌っているところをスカウトされてデビュー。

デビュー曲は「もらい泣き」だ。

すでにCD不況の自体に落っている中、46.4万枚の大ヒット。

一青窈のシングルの中で最大売上となっている。

一青窈の現在にいたる昔:デビューアルバム

デビューした2002年の12月、アルバム「月天心」を発表。

シングルが売れたからといって、アルバムも売れるとは限らない。

「月天心」の場合は、めっちゃ売れた。61万枚だ。

一青窈の現在にいたる昔:ヒット歌手に

その後も、セカンドアルバム「一青想」は38万枚売れた。

サード・アルバム「&」は21万枚。右肩下がりだ

4stアルバム「BESTYO」で77.5万枚。V字回復である。

アルバムを出せばヒットする、正真正銘ヒット歌手となっていた。

そして一青窈どころか、音楽業界全体でもトップクラスのヒット曲「ハナミズキ」を発表する。

一青窈の現在にいたる昔:ハナミズキ

一青窈といえば「ハナミズキ」。

一青窈 – ハナミズキ

なので当然シングルの売上も凄い。41.4万枚である。

実は、ファーストシングル「もらい泣き」よりも少ないのである。

しかし、ハナミズキは一青窈の歌の中で、最もヒットした歌となっている。

どのぐらい凄いのかを具体的に見ていく。

歌手
スポンサーリンク
Aの現在【今】