スポンサーリンク

マネーの虎の社長の現在【悲惨?】最近復活してきてるって知ってるか?

マネーの虎の現在 マネーの虎
スポンサーリンク

「マネーの虎」出演の社長たちといえば、倒産が相次いで、「口だけwww」とか「ブーメラン」とか「あの時偉そうにしていたのに」なんて、ネットで散々言われているのを見る。

しかし、最近風向きが変わっているようだ。復活はもちろん、数十億の負債を完遂した社長もいらっしゃるようだ。

吉川幸恵【歩く100億円】

吉川幸恵の現在

○株式会社よし川代表取締役

食中毒事件を起こし、20億円の負債を背負うも返済済み。現在は、ファッション、飲食店、ブライダル関連と幅広く事業を展開。大成功中

「マンション」という言葉を日本で最初に使ったのは、吉川幸恵さんであり、吉川幸恵さんがいなければ別の呼び名だった可能性もある。

加藤和也

加藤和也の現在

株式会社ひばりプロダクション代表取締役

現在は会社を複数+カフェを経営、非常に順調。破産の兆しなし。

美空ひばりの養子(息子)で、美空ひばりの溺愛のもと育ったという面白い経歴を持つ。

南原竜樹(年商55億から負債50億)

南原竜樹の現在

驚異のワイルドイケメン化

50億の負債を背負い、ホームレスにまでなるも、以前馬鹿にしていた社長に手を差し伸べられた。

現在は医療系アウトソーシング会社や、飲食店を複数経営。真のどん底落ちぶれから復活した人物。

堀之内九一郎(年商102億から負債15億)

堀之内九一郎の現在

ヤフーオークションなど、ネットの台頭により、全国の店舗が相次いで閉鎖。(書店がamazonに食われたのに近い)

2014年フライデーに「今はそっとしておいてくれ」と取材拒否。その後は業界の仲のいい人間とも一切連絡が取れなくなったとか。

年齢はすでに70歳(1947年生まれ)を過ぎているため、復活は厳しそうに見えるが詳細は不明

岩井良明(学習塾経営)

岩井良明の現在

株式会社モノリス代表取締役会長

「マネーの虎」には、志願者として応募した異色の経歴の持ち主。すでに10億近い年商があった?ことから逆に依頼されたという。

現在も経営する学習塾モノリスは順調そのもの。事業規模も「マネーの虎」時代より数倍になっている。

小林敬

小林敬の現在

2005年「食」のテーマパークをプロデュースも半年で破綻し20億の負債を背負って自己破産。

様々な会社の役員を就退任を繰り返し、現在では飲食店開業のセミナー講師を努めている。当時のような復活はしていない。今後は不明

貞廣一鑑

貞廣一鑑の現在

株式会社商業芸術の代表取締役

「マネーの虎」のときから、「若手」「やり手」「真摯」というイメージが非常に強く、視聴者からの人気も高い。

飲食店を中心に拡大し、現在は80店舗近く経営、年商も「マネーの虎」時代より数倍に膨らみ70億を超えるという。

高橋がなり(SODの大株主)

高橋がなりの現在

現在は、国立ファーム有限会社を経営。農業に力を入れている。

農業は赤字でありながら、SODの大株主であり、やりたいことにお金を投資しているという印象。間違いなく今なお成功者としてあり続けている人物の1人。

川原ひろし(なんでんかんでん社長)

なんでんかんでんの現在

年商6億から全店閉店。借金は2億円まで膨らんだが、大部分は返済したとかなんとか。

現在では、高円寺に「なんでんかんでん」1号店を開き、復活の第一歩へ。催眠術とかもやっている。名物店長として人を楽しませたいという精神は変わっていないようだ。

川原浩史の使える催眠術1

上野健一(ZKR)年商72億から負債200億

2013年にZKRが破綻。

現在は、上野玄津都と名乗ってKRGグループ会長、宗教法人千光寺代表役員

安田久

2011年に株式会社エイチワイシステムが破産。

借金まみれから、嫁との離婚が頭によぎるも「離婚より、稼いでこい」と発破をかけてもらう素敵エピソードを持つ。そこから奮起して見事復活。

現在は、株式会社外食虎塾の代表取締役として活躍。年商は1億2000万とか言う噂も。これから右肩上がりに復活しそうな人物。