磁石お笑い芸人の現在。佐々木と永沢の芸歴ハイパーエリートの今

スポンサーリンク

面白いのになぜか売れないお笑い芸人”磁石”の現在は、やっぱり売れていなかった?

磁石のハイパーエリートすぎる芸歴の要点をさらってから、佐々木と永沢が現在どうなっているか見て行こうと思う。

スポンサーリンク

お笑い芸人【磁石】現在にいたる芸歴

磁石の学歴は、そこそこの永沢とエリートの佐々木

“磁石”佐々木優介は、武田高等学校(偏差値57)

“磁石”永沢たかしは、秋田高等学校(偏差値71)

佐々木は秋田県立のトップ校出身である。

日本映画学校で出会った二人は、20歳(2000年)にコンビを組んだ

結成3年目の2003年:M-1グランプリ準決勝進出する磁石

はじめての賞レースで、いきなり準決勝に進出するという有能っぷりを見せる磁石。

お笑い芸人として、M-1グランプリを獲得することは、最重要要件のひとつだ。磁石の二人にとって、M-1チャレンジはあと7回もある。

「1回目で準決勝ならあと数回出場すれば、優勝も夢じゃない」

永沢と佐々木は、有頂天だった。

2003年、お笑い芸人”磁石”、お笑いホープ大賞で決勝進出

M-1上位陣が多数出場する全72組のお笑いホープ大賞で、上位6組の決勝にまで残った。

M-1グランプリ準決勝進出は偶然ではなかった。完全に自分たちの実力なんだ。磁石は、お笑い芸人として自信を持った。

佐々木と永沢は思った。行ける。俺たちはノリに乗っている。俺たちが優勝しなけりゃおかしい。

2004年~2007年 お笑い芸人”磁石”に陰り、佐々木は焦り、永沢はフラれる

M-1グランプリ2004:準決勝進出
M-1グランプリ2005:準決勝進出
M-1グランプリ2006:準決勝進出
M-1グランプリ2007:準決勝進出

(M-1ネタより面白い磁石のコント)

【磁石】漫才 怪盗【プレミア】

M-1グランプリは、3000人以上の終わら芸人が集う賞レースだ。準決勝進出もすさまじい功績だろう。

しかしお笑い芸人”磁石”結成3年目から全く進歩がなかった。

永沢には当時、結婚を前提にしていた彼女がいた。彼女は、永沢に期待していた。若いのにもう準決勝に進出しるなんてすごい、この人は絶対に売れるに違いない。

付き合い始めて数年経った2007年、M-1準決勝直前、永沢はフラれた

2008~2010 磁石、”M-1にもてあそばれたお笑い芸人”代表

M-1グランプリ2008:準決勝進出
M-1グランプリ2009:準決勝進出
M-1グランプリ2010:準決勝進出

磁石は、すべてのM-1グランプリで準決勝進出を果たして、すべてで決勝を目前に敗れた。

M-1グランプリへのチャレンジは、磁石の前から消えてなくなった。いきなり準決勝に進出したコンビが全く進歩せずに終わるなど誰が想像できただろうか。彼らが1番驚いているだろう。

2011年 THE MANZAIが始まって、いきなり好成績の磁石

M-1グランプリは、磁石佐々木と永沢にとって絶望的な結果だろう。8年間1度も進歩しないとか恐怖である。

しかしTHE MANZAIのサーキットランキング合計30点は、なんと全体の2位。

後ろには、ハマカーン、スリムクラブ、千鳥、ナイツ、テンダラー、ウーマンラッシュアワーと強者。1位はパンクブーブーの40点、優勝もパンクブーブーだった。

それでも磁石の二人には、希望が見えた。お笑い芸人として売れる期待が膨らんだ年だった。

2012年~2014年 THEMANZAIで磁石は・・・

2012年は佐々木に長男が生まれた。佐々木は安定が欲しかった。だから「子供ができたからお笑いをやめよう」と考えた。それでもギリギリのところで踏みとどまった。家族のために3つのバイトを掛け持ちしていた。

佐々木は遅刻はする。練習から雲隠れする。THE MANZAI決勝の入り時間に1時間遅刻する。バイトのせいではない。いついかなるときでも遅刻するので、他の芸人から、ダメ人間のレッテルを張られている。

それでも佐々木なりに家族ために想いをしょって、永沢と一緒に2012年も決勝まで進出した。しかし結果は残せなかった。

M-1王者のNON STYLEや千鳥と同じグループになって、すべての表を奪われる結果になった。2014年も、決勝までは進んだが、やはりグループで敗戦となった磁石だ。

2015 M-1グランプリ出場権利復活

2015年からM-1の出場資格が緩和されて、磁石の永沢と佐々木は、1度だけM-1に出場する権利を得た。

結果は、過去最低、準決勝にすら進めずに終わった。地獄だった。

M-1グランプリにおいて磁石は、敗者復活戦出場回数記録8回で2位となった。1位は2018年M-1優勝を果たしたとろサーモンだ。

2017年TOP1グランプリで、磁石が優勝

大きな大会では、いま一歩及ばない磁石の永沢と佐々木。

佐々木が離婚したりもした(佐々木のせいではないらしい。嫁がなんやかんやしたのかもしらん)

【モテワンコンテスト 2017】TOP1グランプリ・磁石

賞金111万円を獲得した。他にも真夏の最強ネタ決定戦でも優勝を果たした。

磁石の圧倒的な芸歴にいつしか、こう呼ばれるようになった

売れない芸人の星

お笑い芸人「磁石」永沢と佐々木、現在にいたる芸歴まとめ

  • お笑いコンビとして地力は高かった磁石
  • だから、M-1、THE MANZAIと常に好成績の磁石
  • しかし10年以上全く進歩しなかった磁石
  • 小さな大会では優勝できる磁石
  • 売れない芸人の中で、一番きわっきわの売れる寸前にいる磁石

つづいて、お笑い芸人「磁石」の現在を見ていく。

お笑い芸人
スポンサーリンク
スポンサーリンク
Aの現在【今】