加勢大周の現在【今と昔のイケメン画像】薬物事件その後,バー六本木どこ?

スポンサーリンク

泣くことも黙る超絶トレンディ俳優だった加勢大周。

薬物事件により芸能界を引退となった加勢大周の現在とはである。加勢大周は今何してるのか、その後を見ていく。

その前に加勢大周がどういう人物だったのかを軽く振り返っていく。

スポンサーリンク

加勢大周の現在にいたる懐かしい昔【失ったもの】昔の画像

○織田裕二、吉田栄作、加勢大周
豪華豪華3人衆、超売れっ子俳優として、この3人が比べられることが多かった。やっぱり織田裕二でしょ。いやいや吉田栄作が1番イケメン。加勢大周キタァアアアアアア!みたいな感じである。加勢大周は1990年代の代表的なトレンディー俳優である。大人気だ。トレンディ御三家と呼ばれることもあった。ぶっちゃけネーミングはクソダサい。「トレンディ御三家だね」って言われるのはちょっと恥ずかしいと思う

加勢大周は、デビュー当初から頂点だった。1990年の日本映画配給収入年間ランキング4位となった大ヒット映画「稲村ジェーン」の主演オーディションに合格したのが俳優デビューだったという、超絶エリート俳優だった。

加勢大周の若い頃のイケメン画像

○加勢大周、1991年には、誰よりも売れた
デビュー2年目、1991年目にはもうCM数ランキング1位に輝いていた。放物線のようにビューンと若手俳優のトップに躍り出ていた。「ハイスクール落書2」、「いつか誰かと朝帰りッ」、「学校へ行こう」、「愛と哀しみのサハリン」、「ADブギ」と1991年のメインキャストの連続ドラマだけでとんでもない量に出ている。トレンディー俳優とは加勢大周のためにしつらえた言葉であるかのごとくだ。

加勢大周イケメン

○加勢大周、事務所ともめたこともあった
きっかけは、「笑っていいとも」でタモリと話したことだと言われている。そのときのやりとりだ。
タモリは聞いた。「今すごい売れてるよね。いくらもらってるの」若かった加勢大周は正直に答えてしまう。「17万5000円です」タモリは多いにおどろいた。「安すぎだよ!そんな事務所やめて独立しちゃえよ」加勢大周は苦笑いして、何も応えなかった。

そして加勢大周独立騒動だ。事務所は流石にまずいと思ったのか、「特別ボーナスに1000万やる」と言ったが聞かなかった。当然だろう。新人とは言え、連続ドラマ大量にCMも大量となれば、事務所に入ってくる金は、十億を超えると思われる。加勢大周は、いろいろ聞いて回ったのだろう。そして自分よりも少ない活躍で、十倍以上の金額をもらっている人もいた。独立は当然の流れだったと言える。

○加勢大周と坂本一生騒動が、ただのコメディ。
その後、事務所に訴えられて、加勢大周vs元事務所の戦いに、坂本一生が巻き込まれて「新加勢大周」としてデビューした。坂本一生は、「こんな名前でデビューしたくないよぉ・・・」とぼやきまくっていたが、社長には愛想笑いしまくっていたらしい。

坂本一生は海外にいたので、「新加勢大周」と言われたとき、「加勢大周って誰だよ。まあその人と対抗してっ感じか」と軽く考えていたらしい。だが知れば知るほど加勢大周がとんでもない大物俳優であることがわかって、胃が蜂の巣だったようだ。

加勢大周と坂本一生
ちなみに坂本一生が黒のタンクトップにムキムキキャラで売っていったのは、反加勢大周を意識したもの。加勢大周は、白Tシャツにジーンズだったので、「袖を引きちぎって黒にしてより男らしく」である。悪ふざけではない。真剣だ。「加勢大周の使用禁止」の裁判は加勢大周の勝訴となった

○加勢大周が売れなくなったというよりは・・・
その後は、その後は、さすがに超ピークトレンド俳優とまでは行かなかったが、コンスタントに俳優として活躍し続けた。これを落ちぶれたという人がいる。当時ブームとなった人間失格で「同性愛者のサイコパス高校教師」を演じたので、強烈なイメージがついたと。しかし事実は、落ちぶれたわけでなく、加勢大周のピークがとんでもなく高かったこと、そしトレンディードラマブームが崩壊したのがちょうど1990年代後半だったことが影響している。

加勢大周の現在

○加勢大周、隠し子とかもいた
2000年に結婚した加勢大周は、2年後に隠し子が発覚してといろいろ世間を騒がせる人でもあった。しかし一般人の僕としては、隠し子とか金持ちイケメンっぽくてちょっと憧れる。

加勢大周、薬物で逮捕

加勢大周は逮捕後、話が出来ない状態が続いた。「本人は泣いてばかりで、まったく話が出来なかった。「僕が悪かったんだ。ボクが馬鹿だったんだ」って泣いてばかりだった。」相当後悔したらしい。華やかな舞台から真っ逆さまに落ちた事件である。

○加勢大周、覚醒剤と大麻所持で逮捕
2006年以降、1週間に3、4回大麻を使用して、自分で大麻草を栽培していた。加勢大周の自宅では大麻草27本栽培していたことがわかっている。覚醒剤を初めて使ったのは高校生のときであることも加勢大周自身が証言しており、、2008年に覚醒剤を金に変えてくれと頼まれて、自身でも4回ほど使っていると認めた。常習性著しいとして、懲役2年6ヶ月を求刑した。

「20年近く前のことを、インタビュアーや共演者に質問されることもあって、夜悩むことが多かった」と加勢大周。昔のことなので、気にする必要ないと思うし、独立の経緯も理解できるので気にする必要ないのになーと思うところだが、本人は気にしているようだ。

○加勢大周、賠償金は?
事件による加勢大周の賠償金については、加勢大周の事務所を運営している実兄の妻の証言があったようだ。それによると、数千万から数億円の賠償金が来そうだと話しているとのこと。すっごいざっくりしているが、打ち切りになったのは連続ドラマ1個なので、数千万円程度ナノではないかと言われている。

加勢大周の現在【六本木でバーテンダーってどこ?】その後の画像

俳優
スポンサーリンク
Aの現在【今】