河合その子の現在。昔と今かわいい画像,資生堂CM,ハーフ,旦那,子供,結婚

スポンサーリンク

元おニャン子クラブ会員番号12番の河合その子。かわいいなー。

河合その子は現在何をしているのか?今の画像はもちろん、結婚、子供、旦那、仕事について書いていく。

その前に、河井その子の昔の懐かしいを軽く振り返っていく。

スポンサーリンク

河井その子の現在にいたる昔の懐かしい【画像】ハーフ

○河合その子、中国とフランスのハーフ
河合その子は、「歌うリカちゃん人形です」と挨拶することもあった河合その子。目鼻立ちがくっきり可愛い河合その子は、ヨーロッパの血を取り入れていた。

河合その子は、本人がそこまでやる気ではなかったが、あまりにも可愛いのでトントン拍子どころかビョインビョインと5段飛ばしの勢いで売れたアイドルである、

河合その子かわいい画像

○河合その子、最初は芸能界に来る気はなかった
ソニーのオーディション「ティーンズポップコンテスト」も軽い気持ちで受けていた河合その子。準優勝という素晴らしい結果だったがグランプリではなかったわけで、やはり芸能界に入る気もなかった。

日本福祉大学付属高等学校→コンピューター専門学校に進学していた河合その子は、色んな会社の面接に行って、すでに内定ももらっていた。

そんな折、「夕やけニャンニャン」のオーディションに誘われる。河合その子としては、「まあ出るくらいなら良いか、お給料もらえるし」ぐらいの日帰りバイト的な感覚だった。

そしてとんでもない記録を叩き出してしまう

河合その子かわいい昔の写真

○流されるまま河合その子、オーディションでいきなり高得点
コーナー「ザ・スカウト アイドルを探せ!」に出場した河合その子は、番組全体で歴代2位となる140点(1位は142点の立見里歌)。

河合その子は良くわかっていないままに、おニャン子クラブのメンバーとなって、「夕やけニャンニャン」のレギュラーとなって、「夕やけニャンニャン」の数少ない「最初から出演しているメンバー」となった。

○おニャン子クラブ、1番人気メンバー河合その子
おニャン子の河合その子と言えば、AKBでいう前田敦子に当たる。国生さゆりとともに、その人気の双璧をなしていた。

芸能界に興味が無かった河合その子だが、芸能人となってしまったあとは順風満帆どころか、アイドルの1番前を走っていたといえる。

何しろ、おニャン子クラブの1番人気メンバーで、そして1番最初にソロ活動を初めて、しかも超成功を収めているメンバーなのだ。

河合その子かわいい昔の画像

○河合その子、ソロ・デビュー怒涛
河合その子のシングルは飛ぶように売れて、手始めに「涙の茉莉花LOVE」で1位、次の「落葉のクレッシェンド」2位、そして1位1位1位と立て続けにとっていった。

当時の河合その子の人気が伺い知れる

「青いスタスィオン」河合その子

○河合その子の当時の性格【推測】
新田恵利派閥と国生さゆり派閥があったのは、有名な話。二人はとんでもなく仲が悪かった。
一方、河合その子派閥はどうしたというと、そんなものはなかった。河合その子はそこら変うまくやっていたようで、新田恵利とも国生さゆりとも仲が良かったようだ。特に新田恵利は「アルバイト感覚でおニャン子をしていた」と言っていることもあり、そういう庶民派の視点とも仲がいいのは、性格が良いということだろう。

そんな河合その子も結婚する

河合その子、後藤次利と結婚

○後藤次利とは
おニャン子クラブ、中森明菜、シブがき隊、近藤真彦、一世風靡セピア、工藤静香、とんねるず、八神純子、中島みゆき、沢田研二などなど有名どころの作曲、編曲を数多く手がけている人物。作曲家として成功し続け、当時は秋元康と二人でゴールデンコンビ(ヒット曲・ヒット歌手をどんどん輩出していた)と呼ばれていた。後藤次利はあくまでベーシストだったのに、作曲家として成功し続けた結果、ベーシストであることが忘れ去られるほど。

河合その子、後藤次利

○河合その子、結婚後は引退
1990年頃からほとんど芸能界で活動していなかった河井その子。
「わたしはしばらくのあいだ、この世界から離れて私なりに過ごしてみたいと思います」と言葉を残し、活動休止状態になっていたので、そのまま結婚し表に出てくることもなくそのまま芸能界引退となった。

その後の河合その子は、笑っていいとものテレフォンショッキングで1度花を送ったことがあるのみであった。

河合その子の現在につづく【子供、画像、資生堂CM】

歌手
スポンサーリンク
スポンサーリンク
Aの現在【今】