キノコホテルの現在【メンバーほとんど全員退職、解散はしない】炎上騒動が理不尽

キノコホテルは支配人のマリアンヌ東雲以外全員退職することになったが、解散する気はなく、現在はパートタイムのメンバーと一緒に活動している。

キノコホテルは、過去にパクリ騒動で炎上したことがあるが、結構理不尽である。

キノコホテルのマリアンヌ東雲は現在も結婚していない

スポンサーリンク

キノコホテルの現在:メンバー全員退職して、パートタイムとやってる【退職理由】

○キノコホテルのメンバーの現在
キノコホテルはもともと、ボーカル兼電機オルガン担当のマリアンヌ東雲を支配人に、メンバー4人で活動していたガールズバンドだ。
ところが、2022年6月、マリアンヌ東雲以外の全メンバーが退職となり、1年間の活動休止となった。現在は活動を再開しており、マリアンヌ東雲+パートタイムのサポートメンバーと一緒に活動している。

2022年6月からの活動休止は、唯一創業から働き続けている支配人マリアンヌ東雲にとっては初めての休業だったという。

○キノコホテルのメンバーの退職理由
2022年6月の退職について、全員の理由は明らかになっていない。唯一電気ギター担当のイザベル=ケメ鴨川は、左手首を負傷して治療に専念するためになった。
歴代のメンバーは、体力の限界が来たもの、結婚、一人の女性として別の道を歩む、などさまざまである。共通しているのは、不仲などの不穏なものは無い。キノコホテルという体裁で、メンバーのことを従業員やパートタイム、臨時従業員、採用退職という言葉を用いており、ほかのバンドよりも入れ替えが激しい。そのため、退職するときもわりとあっさりしたものが多いのも知れない

現在もマリアンヌ東雲の色気たっぷりのキノコホテルとなっている。

キノコホテルの炎上が可哀相?【カルメンマキ、パクリ騒動】

○キノコホテル、パクリと炎上
キノコホテルが、カルメンマキの『ノイジー・ベイビー』をパクったのではないかと炎上した。キノコホテルが「ノイジー・ベイビー」演奏しているところを見て、「カバーするなら、歌手にも一言報告するのが常識だ」とツイート、それに対してキノコホテルは「著作権者には確認とった。面倒だから、二度とこの曲はやりません」とツイート。勝手に想像を膨らませたり、情報の端緒だけを見た人たちから、パクリだなんだと言われる騒動が起こった。

○キノコホテルは無罪だし、カルメンマキの気持ちもわかる
炎上について、キノコホテル側は、一切問題ない。法的違反は一切犯しておらず、手続きを完璧に踏んだうえでカバーしているのでもちろん無罪。

さらにカルメンマキ側も、同情できる。最初はカバーされていたことを喜んでいたらしいが、キノコホテル側からカバー曲のCDが送られてくることもなく便宜上の礼すら一切ないうえに、挙句の果てには「え、ノイジー・ベイビーって、カルメンさんの曲だったの?」と言われる始末。だんだん腹が立ってきたらしい。

しかし実はこの騒動の本質的な構造は、音楽業界ではよくある話らしい。

○炎上パクリ騒動、実はカバー界隈ではよくある話だった
一般的に、音楽業界でカバーをするときは、著作権者である事務所にのみ確認すれば、大抵の場合は問題ない。さらにそのほとんどの場合に、元の製作者には連絡しないのが当たり前となっている。理由は、制作者が拒否して作れなくなることがあるからだ。

つまり、著作権を持っている事務所に確認すれば法的に一切問題なくカバーができる。にもかかわらず法的に一切必要のない手続き「歌手に確認する」を踏むと、「カバーしないで」と言ってくる可能性があるのだ。カバーしたい側からすると、確認しない方が得だと言う構造が存在していることになる。

結果、キノコホテルとカルメンマキのような「著作権者にだけ確認して、歌手には確認しない」構造が生まれる。

キノコホテル、マリアンヌ東雲の結婚

マリアンヌ東雲は、現在結婚したという話はない。

逆に、キノコホテルとして活動していくうちに、一切モテなくなったとマリアンヌ東雲は語っている。

キノコホテルをしていると、普段の人との距離が分からなくなるうえに、気を遣われて距離を取られて、さらにキノコホテルでのキャラクター性から意地悪な女だと思われがちで進んでそれを改めることもしないので、自分から他人に近づくことすら難しいと語っている。キノコホテルを始めてからは、恋愛についてかなり地味な生活を送ってると、マリアンヌ東雲。

歌手
スポンサーリンク
スポンサーリンク
Aの現在【今】