清原和博の現在2019【その後の画像】元妻、息子、恋人、今の収入など

スポンサーリンク

無冠の帝王とまで呼ばれた球界のスーパースターだった清原和博。

事件を起こし、逮捕された清原和博は現在何をしているのか、2019年の清原和博は、今何してるである。

そのまえに、清原和博がどういう人物だったのか、軽く振り返っていく。

スポンサーリンク

清原和博の懐かしい昔の伝説【高校時代・甲子園・現役】

○清原和博、右打ちの秘密
清原和博といえば、右打ちのホームラン。
あの天才打者、落合博満も「右打ちは俺よりうまい」と評するほどだった。清原和博が右打ちを得意に鳴ったのは、PLの先輩のイビリだった。ひっぱり柵越えを連発していたら、先輩が「おまえ何調子乗っとんねん」と難癖をつけてきた。しょうがないので、右に流していたら、いつの間にか右も柵を超えていた。

清原和博★これぞ巨人の番長!豪快ホームラン集

○清原和博、高校入学前、「あれ、俺イケるやん」
小学校4年生のときから、PLのスカウトに声をかけられていた清原和博。清原和博は、「あなたは天理に行って野球すんねんで」と言われていたので、自分は天理に行くと思っていた。

どっちにするかの2択で、天理は1年生は球拾いばかりで、PLは1年生もグラウンドで練習できていた。おまけに、PLの学生を見て、「あれ、こいつら大したことないな。ひょっとしておれイケるんちゃうん」と思い、PLに行ったら、清原和博は1年生からレギュラーだった。

○清原和博の甲子園の記録

  • 高校生になったばかりの夏の甲子園で、4番で優勝(1年目から打率.301、78打点、31本というバケモノ成績)
  • 3年生夏の選手権大会では、16打数10安打8打点5本8四死球で出塁率.750。
  • 甲子園通算本塁打 歴代1位13本
  • 選抜高校学校野球大会本塁打 歴代1位4本
  • 選抜高校学校野球大会1試合本塁打 歴代1位2本
  • 全国高校野球選手権大会本塁打 歴代1位9本
  • 全国高校野球選手権1試合本塁打 歴代1位3本

○清原和博、ドラフトの挫折と涙
KKドラフト事件である。
PL学園を蹂躙したKKコンビ(桑田と清原)が、ドラフトで決裂した。巨人から1位指名があると話がついていた清原和博。進学を宣言していた桑田。全国の野球ファンが見守る中、巨人は桑田を1位指名、清原は涙を流した。

前日、巨人の監督王貞治は、清原和博に電話をしていた。「明日、君を指名するからよろしく頼む」清原和博は誰よりも早くプロ入りを宣言しており、尊敬する王貞治がいる巨人に行きたかった。そして巨人は桑田を、西武が清原を指名した。

○清原和博、無冠の帝王と呼ばれる理由
本塁打5位、打点6位の打撃力を持つ。が、打率で言うと、清原和博が3割を超えたのは、たったの3回しか無い。なので、すごい打者だ!というのがわかりにくい選手である。
清原和博が名バッターと言われているのは、「ここ1番で打つめちゃくちゃチャンスに強い選手」として有名だったからだ。

オールスターのMVP歴代最多、オールスター通算打率.365の34打点で歴代最多。日本シリーズの安打数5位、本塁打3位(1位2位は王貞治と長嶋茂雄)、打点3位と、大一番での成績が軒並み高い。

実は清原和博のチャンスの強さは昔からで、高校時代のホームランの75%は公式戦のホームランなのだ。

清原和博、週刊文春、薬物疑惑報道【内容】

○週刊文春の清原和博の薬物疑惑、報道内容
清原和博が、薬を抜くために、極秘入院したというもの
「清原は、薬物による禁断症状に苦しんでいる」「妻の亜希さんは、”最近夫の様子がおかしい”」
清原は、「絶対にやっていない」「現在1日1回のインスリン注射が必要な糖尿病にかかっていて、その治療のために入院した」「暴飲暴食をしてしまったあと、体重を測ると7kgも体重が減っていた。それぐらい糖尿病が進行している」と猛反論。

清原和博の妻と離婚

○清原和博、元妻、亜希と離婚。
週刊文春の疑惑報道が2014年3月、そして元妻亜希が家を出て別居し始めたのも2014年3月だった。
その後、子供の学費、家賃ら、経済的な目処がたったことで離婚となったという見方が強い。別居を始めた頃には出来るだけ早く想起の離婚を望んでいたという。

○清原和博、病む
妻を失い、子供を失い、社会的信用も失った。
妻がいなくなり、洗濯物が家に溜まって、一気に詰め込んだら乾燥機が壊れた。そうした不自由がくりかえし、自分にはなにもないんだと自決しようと思ったこともあった。しかし勇気がなかったので、代わりに糖尿病治療を放棄するなど、自暴自棄になっていたようだ、それでも子どもたちのことを思い出すとなんとか踏みとどまれたと語った。

補足:2014年の薬物疑惑文春報道にたいして、清原和博および事務所は、「法的手段に出る」「賠償1億じゃくだらない」と強気の姿勢を見せた。その後、法的手段に出ることはなく、「恩師に相談し説得を受けて、法的手段にでなかった」とした。

実は、当時の清原和博の検査入院が、糖尿病治療によるものなのは本当だったという話だ。じゃあ堂々と出ればよかったかは、「薬物を使っている」部分が本当なので、報道内容を法的に完全否定できなかったと言える。

清原和博は「覚醒剤を使用していないことの証明」ができず、法的手段に出ることは不利益のほうが多かった。当時すでに使用していたことは、清原和博自身が認めている事実である。

清原和博、覚醒剤で逮捕【事件真相、裏話、なぜ使ったのか】

○清原和博、薬物逮捕事件概要
2016年2月2日午後8時48分、警視庁が家宅捜索に入った。
警視庁が自宅に突入すると、清原和博は注射器とストローを左手に持っていた。自宅には、覚醒剤、注射器3本、ストロー、ガラスパイプがあり、覚せい剤取締法違反で現行犯逮捕となった。

清原和博の現在
(https://www.sankei.com/west/news/160222/wst1602220010-n1.html)

○清原和博、逮捕経緯
警視庁組織犯罪対策第5課が、清原和博の捜査にのりだしたのは、なんと週刊文春の疑惑報道。
それから1年間、内偵調査を続けた。清原の家庭ごみを調べて覚醒剤反応が検出されるなど、清原の使用の証拠はどんどん固まっていった。逮捕前日2月1日には、清原が止まった群馬のホテルのティッシュの汗からも覚醒剤成分が検出。2月2日の突入は、内偵調査の結果から、清原和博を覚醒剤所持だけでなく、覚醒剤使用でも逮捕できるようにタイミングを見計らった結果だ。

補足:週刊文春を契機と書いたが、実はもっと以前から警察のマークがついていた。しかし逮捕に至らず捜査が保留になっていたとされている。つまり、週刊文春の報道を契機に、清原和博の薬物疑惑の再捜査となった

○清原和博、使用経緯
清原和博が薬物と出会ったのは、引退後。野球以外の仕事で多くのプレッシャーや緊張があった。
最初はお酒を飲み始め、生活が乱れていった先に、誘惑があった。薬物をすすめられて、軽い気持ちで手を出した。しかし驚くほど元気になって、現実逃避ができた。日頃感じていたプレッシャーや苦しみから、一時的に逃れられると知った。そうして薬物を使うようになった

○清原和博、薬物逮捕以前に、家族にはバレていた
2011年と2013年に、薬物中毒(過剰摂取による昏倒)で病院に搬送されていたことがあった。両親が病院に駆けつけてくれた。清原和博の父親はとても優しい人だった。一度も手を上げたことはなかった父親は、清原和博に初めて手を上げたという。そして2013年にも緊急入院。そのときには母親に泣かれてしまったという。「あんたをもう一度お腹の中に戻したい」

病院を退院して、家に変えると子供が出迎えてくれた。笑顔で「おかえり」と行った。清原和博は、俺は何をやってるんやと罪悪感に苦しんだが、それでも使いつづけてしまったそうだ。

清原和博の現在【2019】治療、動画、画像、子供

2019年には、清原和博は薬物依存の理解を啓発するトークショーにも顔をだすようになっている。

治療は、少しずつ、だが確実に進んでいるようだ。

野球選手
スポンサーリンク
スポンサーリンク
Aの現在【今】