小比類巻かほるの現在【今と昔かわいい画像】歌唱力,結婚,病気

スポンサーリンク
スポンサーリンク

圧倒的にパワフルな歌唱力で、1980年代から1990年代にかけて活躍した小比類巻かほる。

小比類巻かほる(kohhy)の現在だ。今何してるのか?結婚や病気や仕事の話にも触れていく。

その前に、小比類巻かほるの懐かしい昔についても振り返っていく。歌唱力とかヒット曲とか

小比類巻かほる、現在にいたる懐かしい昔

○洋楽を歌い続けてきた小比類巻かほる
元々音楽が好きで、デビュー前から、米軍で歌を披露していたらしい小比類巻かほるは、デビュー後もソウルフルなボーカルとして、一貫性を出した。その席には、当時だれも座っていなかったのも、小比類巻かほるのヒットを助けることになる。

○洋楽テイストとしての女性ミュージシャンの地位
デビューした年から、「ポニーテールはふり向かない」のタイアップで主題歌を歌って、翌年には、紅白歌合戦に出場した。高い歌唱力が無ければ歌うこともはばかられるゴスペルテイストは、多くの音楽好きを魅了した。洋楽の良さを、日本人向けにフィットさせた歌手だ。
1年目ドラマタイアップでデビュー
2年目紅白
3年目武道館ライブ
順風満帆で、稼ぎ頭だったのも頷ける。

小比類巻かほる Step By Step

○そしてなにより、可愛い小比類巻
「なんでも鑑定団」のエンディング「Step by Step」を歌う小比類巻かほる。超絶美人である。
「めっちゃ歌うまいやんけ」
「どんな顔してるんや」
「めっちゃ美人やんけ」
の流れを辿ったファンは少なくない。

 

小比類巻かほる、歌唱力は?【Hold On Me】

小比類巻かほる Hold On Me

○小比類巻かほるの代表曲「Hold On Me」に見る歌唱力
響く美しい声と、パワフルな歌唱力が見て取れる。
小比類巻かほるは、【R&B】や【ゴスペル】などのソウル系の歌を積極的に歌っているだけに、声量が並み居るプロとは大きく違う。

当時小比類巻かほるが所属していたエピックの中でも、抜群の歌唱力を持っていたのが小比類巻かほるだ。誰が1番だったと聞いて、小比類巻かほるだと答える人も少なくないはずだ。

 

小比類巻かほる、プリンスとの関係は?

○小比類巻かほる、プリンス信者
幼い頃から洋楽を聞きまくって、洋楽に傾倒していた小比類巻かほる。
プロになってからも、その習慣は変わらなかった。ある日、プリンスに出会った。プリンスの全盛期は1982~1990年だ。1984年発売のプリンス「パープル・レイン」は全米で1300m万枚を売り上げたのだ。洋楽好きだった小比類巻かほるのもとにも当然プリンスの歌は届いた。そこから、プリンスの大ファンになる。

○小比類巻かほる、プリンスのプロデュースを受ける
1980年代後半になると、TM NETWORKらと肩を並べて、EPICソニーのレーベルで稼ぎ頭になっていた小比類巻かほるだったので、プリンスのプロデュースを受けて、楽曲を作るにいたった。それが「MIND BELLS」だ。小比類巻かほるは洋楽好きであるし、その喜びようは半端ではなかっただろうなー。

小比類巻かほるの現在

歌手
スポンサーリンク
Aの現在【今】