前田敦子の現在【今と昔かわいい画像】結婚した旦那,子供,映画,ドラマ,CM

スポンサーリンク

元AKB48の絶対的センター、前田敦子。

前田敦子の現在だ。今何してるのか、現在の活躍、CM、結婚した旦那、子供などなど。

その前に、前田敦子の昔を軽く振り返っていく。

スポンサーリンク

前田敦子の現在にいたる昔:AKB48センター

前田敦子と言ったら、やはりAKB48の不動のセンター。

メジャーファーストシングルからずーっとセンターを飾ってきたアイドルが前田敦子だ。

センターであること、そして前田敦子の魅力も含めて、

第1回の選抜総選挙では、見事1位。

2位大島優子の1.5倍の得票で独走状態だった。

そんな前田敦子が、AKB48のトップを走っていたことによって、どのような恩恵を得ていたか見ていこう。

前田敦子が総選挙に参加した回数は3回。2010年第2回では、大島優子31448、前田敦子30851と僅差で2位。

2011年第3回では、前田敦子139892、大島優子122843と大きく引き離して1位を取り戻している

前田敦子はずーーーっとトップだったって印象だったが、

総選挙で言えば、3回中2回トップだったんですな。

といっても、2005年頃からAKB48が始まって、めちゃくちゃ注目を浴びてから2009年に初めての総選挙だ。

つまり7年もセンターやってたとかんがえるとずーっとトップだったという表現は、やはり誤りではない

前田敦子の現在にいたる昔:秋元康「この子しかいない」

前田敦子が、AKB48の初期からセンターだったのは、

秋元康の意向でもあったのは有名な話だ。

天才的なオーラがあったという。

当時は、なんでこいつがセンターなんだよと疑問の声を上げていた人もいたようだが、

結局は秋元康の目は確かだった。

前田敦子の現在にいたる昔:ランキング

前田敦子が得た恩恵は数しれないが、わかりやすいのはランキングだろう。

2011年には、期待の女優ランキングでは1位。

CM契約社数17社で、ランキング2位(1位は大島優子の19社)

前田敦子、新CMで「自然に涙」 西川美和が監督・脚本 「肌研 極潤」ウェブ限定ムービー
元AKB48前田敦子登場! 「白戸家」シリーズ新CM発表会
前田敦子が新CMで“涙” ロート製薬『極潤(ごくじゅん) ヒアルロン液』新CM

ちなみに、他の年のCM女王を比べると、11社や12社で1位を取っていることを考えると、当時のAKB48の注目度は、

芸能界の歴史を見ても異常だったとわかる。

そんなアイドルグループのトップにずっといたわけだから、

当時の恩恵が、今どのていど残っているのか気になるところである。

女優
スポンサーリンク
Aの現在【今】