マリアンの現在【昔と今のモデル画像】元夫,娘かわいい件など【旦那】芸能人タレント

日本人とアメリカ人のハーフ美人モデル、マリアン。本名は佐藤麗子マリアン。スーパー美女タレントである。こんなに美しい芸能人は、数が少ない。

マリアンは現在、何をしているのかを追ってみると、旦那とは離婚して元夫になっていることや、娘がとんでもなくかわいいということが判明した。他にもいろいろ判明している。

まずは、マリアンの現在にいたる昔を振り返る。非常に懐かしい

スポンサーリンク

マリアンの昔【現在にいたる懐かしい経歴】画像、CM

○マリアン、美女すぎて
17歳のマリアンをスカウトしたのは資生堂の人間だった。化粧品のキャンペンガールとして芸能界デビュー。「不思議なピーチパイ」のCMに出演した。このときの芸名はメアリー岩本とクソダサネームだったし、画像を見て分かる通りとんでもなく綺麗なモデルさんだったので、メアリー岩本の名前は結構広がっていた。

マリアン昔かわいい資生堂CMの

○そこまではよくある話だが、マリアンは美女っぷりは別格だった。
美女すぎた結果、なんと翌年、日本テレビの8時の連続ドラマ「俺はご先祖様」のヒロインにいきなり大抜擢。主演は石坂浩二だ。そしてマリアンのかわいい顔が話題となり、一躍トップ人気の女性芸能人となった。最近だと佐々木希とか、本田翼とかあのクラスのモデルの人気があった。マリアンへの改名はこのときに行われている

マリアンの昔のかわいい写真モデル
まるで絵画のような美しさを持っているマリアン。こりゃ話題になりますわ。資生堂のスカウトが有能すぎるだろう。むしろ他のスカウトが無能なのかもしれない。

○佐々木希レベルが大げさでないと分かるマリアン

資生堂CM – ナツコビューティーパクト – 1981

小ぶりな胸と圧倒的なスタイルで、今のアラフォー、アラフィフ世代は全員虜になったと言えるだろう。いやーマリアン、本当にとんでもなく美人である。

しかしそんなマリアンも結婚である。25歳だった

マリアンの結婚と離婚【元夫】旦那:佐藤友久

○マリアン元夫の佐藤友久は超資産家
1987年、マリアン25歳は日本人実業家の佐藤友久と結婚した。当時はバブルだったこともあり、佐藤友久の資産は数百億とも言われていた。3億円の結婚披露宴はバブル当時でも注目を浴びた。

マリアンかわいい画像

○マリアン子宝にも恵まれる
1990年に長女のERICAを出産して、1男2女の子供を出産するにいたったマリアン。このことからも夫婦仲は非常に良好だと思われていた。この娘たちがかわいいと話題になっているが、それはマリアンの現在で紹介する。マリアンの転落が始まる

マリアンの人生の急変【元夫・離婚】

○1991年バブルが崩壊する
銀行の信用収縮により経済が回らなくなり、バブルが崩壊。
その影響は、ほぼすべての会社に影響し、4年間で日本株の時価総額は、611兆円から269兆円までさがった。

当然マリアンの元夫、佐藤友久の会社も傾いて、多くの社員が路頭に迷う寸前だった。

悪いことはまだ続く

○マリアンの母親の死
マリアン一家が住んでいた広尾ガーデンヒルズの駐車場で、マリアンの愛する母親が、事故する。佐藤友久の母親が、轢いてしまったのだ。

原因は、当時多発していた、オートマチック車のご操作によるもの。エンジンが掛かっていないと思ってアクセルを踏み込み急発進でハンドルを切ることが出来なかった。

そしてマリアンと佐藤友久は離婚する。

○マリアン多額の慰謝料請求で国民から総スカンを食らう
佐藤友久は超金持ちだ。
請求が可能なら慰謝料をもらっていいものだし、請求するのは国民の権利だ。

なにより子供を3人産んで、10年以上連れそった。マリアンが多額の慰謝料を請求しようとまったく問題は無いはずだ。しかし時期が悪かった

○国民が全員、佐藤友久に共感。マリアン総タタキ
バブルが崩壊を背景に、今まさに路頭に迷っているもの、リストラ寸前のもの、リストラの恐怖に怯えるもの、そういった男たちが世の中にはたくさんいた。

結果として、「みんな苦しい時期に5億の慰謝料請求とは何事か!!」「おまえが裕福をできたのは、会社員のおかげだろうが!その会社員が困っているのに、旦那に負担をかけてどうする!」という批判が噴出した。

○週刊誌にボロクソ書かれるマリアン
世間からの評価が一気に下がったマリアン。
それをいいことに週刊誌は、スキなように書きまくった。「金の亡者」「芸能界で最も金に汚いタレント」は序の口、気の強かったマリアンなので、悪い方のエピソードを書かれまくり、傲慢で気性の荒い女というイメージが定着した。挙句の果てには、3億5000万円で長男の親権を売ろうとしたとまで書かれた。

日本全国民からの悪いイメージに拍車がかかったマリアンは、子どもたちと一緒にハワイに移住。そして音沙汰がなくなり、マリアンの現在にとぶ。

マリアンの現在に続く【娘・印象の誤解など】

マリアンのかわいい娘についてはもちろん「客観的に見てマリアンは悪女か?」についても触れていく。

マリアンの現在【かわいい娘】画像

○現在のマリアン、当時を弁解する
2012年、マリアンは一連の週刊誌に書かれていることは嘘ばっかりだと「爆報!THEフライデー」に出演して話をした。

5億円の慰謝料なんて請求していないし、もらっていなかったそうな。日本では生活できないことからハワイに移住。しかし日本人学校では、子どもたちは報道のせいでいじめにあっていたらしい。

マリアン現在の画像
マリアンの現在。年齢は58歳だ。

○当時の週刊誌はたしかにひどかった、今も酷いが
実際問題、ネットなどなかった当時の週刊誌は、今よりも無制御状態にあった。芸能人による慰謝料請求なんて無意味だったし、一般人による週刊誌批判もほとんど皆無だ。おまけに、誰が書いた記事なのかもわからないからお手上げである。

結果、週刊誌は、嘘を書くことが当たり前で、評判の下がった芸能人には何を書いてもいいという状態だった。

「ひどく書けば売れて」
「嘘を書いてもバレなくて」

世紀末時代におけるマリアンに関する報道の信用性は、確かに圧倒的に低いものだった。

○マリアンの性格、実際どうなの?の考察

私の主張:ぶっちゃけ5億円もらってても、悪いことじゃないと思う

冷静に考えてみると、数百億の資産を持っていた旦那が、たかが5億ぐらい余裕で払えるだろう。

問題点は、マリアンの5億円請求は会社の存続に影響を与えたかだ。「バブル崩壊して資産も減ってるだろうし、大変な会社のためにも5億は大事だ」「支えてくれた会社員に不義理だ」など

僕はまったく思わない。5億円で会社存続に師匠など無かっただろう。なぜなら、元数百億の資産でどうにか出来ない会社なら、5億ぐらいあってもなくても変わらないからだ。

具体的にはこうだ。
「会社を立て直すために、数百億注ぎ続けてきた。あと5億あれば会社を支えられたのに、マリアンに5億円請求されたせいで、社員の命が!!」なんて状況

そんな馬鹿な。

マリアンが、嫁の権利として財産の半分を要求していたなら、「傾いている会社のために金を使うべきだろうが!」「マリアンのせいで、会社が終わる!」という主張は理解できる。しかし、5億程度なら問題ないのではなかろうか。

まあ、マリアンは長いこと贅沢な暮らしをしてきた。人間は、性根の善悪にかかわらず、贅沢な暮らしを体験すると、もとに戻るのがめちゃくちゃ苦痛だと聞く。「マリアンに離婚後も贅沢したい気持ちがなかったか」という論点は、あまり触れないほうがいいかもしれない。

総括すると、ネット環境完備の今でも、印象操作で手のひらくるくるしまくる私達一般民衆なので、昔の芸能人は大変だったろうなーということだ。

○マリアンのかわいい娘たち
マリアンの娘ERICAとAMIは、現在モデルとして活躍している。親子3人揃って、オスカープロモーション所属だ。やっぱオカンのマリアン遺伝子は、とんでもないな。めちゃくちゃかわいい。

マリアンの娘かわいい マリアンかわいい娘画像

母はマリアン、2010年ユニチカマスコットガール

現在、母親マリアンはほとんど表に出てくることはない。親子の仲は非常に良好で、たまーに一緒に仕事をすることもあるらしい。

マリアンのかわいい現在

資生堂 べネフィークグレイシィ

おわり

モデル
スポンサーリンク
Aの現在【今】