スポンサーリンク

マイケルジョーダンの現在。2019今の資産がえげつないことに【豪邸】

マイケルジョーダンの現在 バスケットボール
スポンサーリンク

「バスケットボールの神様」として今なお名前が語り継がれている伝説的選手。神様なのか伝説なのかという疑問はとりあえずおいておいて、マイケルジョーダンの記事である。

マイケルジョーダンの伝説

○1試合平均31.5得点
現役15年間で得点王を10回取得しています。マイケルジョーダンの1試合平均記録はこの偉大な記録に支えられている以上、もう一生超えることができないのではないかと言われていますね。

Michael Jordan Top 50 All Time Plays

○優勝、FMVP、MNPの回数を偉大な選手と比較
レブロン:優勝3回、FMVP3回、MVP4回
カリー:優勝1回、MVP2回
コービー:優勝5回、MVP1回、FMVP2回

マイケルジョーダン:優勝6回、FMVP6回、MVP5回

ちなみにこの優勝6回は、3連続優勝、1993-1994年を逃し、また3連続優勝を果たしています。

○滞空時間0.92秒
人間の滞空時間の限界は1秒だと言われているそうです。つまり、マイケルジョーダンの滞空時間は人間のほとんど限界に至っています。

○マイケルジョーダンとナイキ
当時、白以外のシューズが認められていない中、マイケルジョーダンは赤と黒のエアジョーダンを履き続けて話題になりました。
規約違反でしたが、ナイキが「マイケルジョーダンに履き続けてもらったら絶対に宣伝になる!」として毎試合40万円の罰金を払い続けたそうです。

どのぐらい人気だったかというと、当時業界1位のコンバースを抜き、さらには少年少女たちが「エアジョーダン」を手に入れるために、強盗事件を起こすぐらいには社会問題になっていました。

○ジョーダンの影で・・・
マイケルジョーダンがプロ入りする時、ドラフトは全体3位です。前に二人いるんですね。

1位はNBA史上最も偉大な50人にも入っているアキーム・オラジュワン。そして2位はサム・ブーイ。史上最低の失敗ドラフトと呼ばれる選手です。

1位のオラジュワンと3位のジョーダンが活躍する一方、2年目で足を故障。よくある話にもかかわらず、マイケルが偉大な選手になればなるほど、「サム・ブーイを雇うぐらいならサイコロを振ったほうが良かった」なんてことも言われていたようです。栄光あるところに影がある。いろんなストーリーがあるものですね。

グロ過ぎるマイケルジョーダンの資産を見ていきます