南野陽子の現在【今と昔かわいい画像】結婚した旦那,若い頃,デビュー当時,子供

スポンサーリンク

1980年代を代表する、スーパースーパーアイドルの南野陽子。

南野陽子の現在だ。今なしてるのか、結婚した旦那、子供、画像らについても見ていく。

その前に、南野陽子の昔、デビュー当時から軽く振り返っていく

スポンサーリンク

南野陽子の現在にいたる昔:デビューのきっかけ①

南野陽子は、高校1年生のとき、スカウトを受けて上京した。

実は、南野陽子は芸能界なんて、ほとんど興味がなかった。

南野陽子の中では、芸能界に行こうかなーどうしようかなーといろいろ思いを馳せている最中に話が決まった。

 

つまるところ周りが早とちりしまくった結果、芸能界に行くことになったのだ

南野陽子の現在にいたる昔:デビューのきっかけ②オテンバママン、オテンバティーチャー

流れはこんな感じ

  • 高1で、テレビの公開収録に行って、スカウトを受けた(15社ぐらい話が来てたらしい。ふげえ)
  • 両親に言ったら、猛反対を受けた(南野陽子は、お嬢様学校出身。松蔭中学校・高等学校出身)
  • 本人もあんまりやる気はなかった。
  • ある日、南野陽子が服の衣替えをするために、ダンボールに服を入れていた
  • 「ひぃぃい、陽子は東京に行く気なのね!」と勘違いした母親は、先生に相談
  • 相談を受けた先生は舞い上がって、「南野さんは、一学期で転校です」「理由は芸能デビューです!」とクラスメイトに言っちゃう
  • 外堀が埋まって、芸能界に行くことになった

コントですな。

とりあえず、先生と母親は有能だったと言うべきだろう。

南野陽子の現在にいたる昔:CD売上

1985年18歳の南野陽子は、アイドルデビューを果たす。

1枚目は、2.3万枚。

売れないアイドルはココから一気にしぼむ。南野陽子はセカンドシングル12万超え。

南野陽子の若い頃

そこから1989年まで10万を切ることは1度もなかった。

売上順で5枚を並べると

  • 「吐息でネット」30.4万枚
  • 「秋からも、そばにいて」27.1万枚
  • 「はいからさんが通る」27万枚
  • 「楽園のDoor」26.1万枚
  • 「あなたを愛したい」25.5万枚

である。年間ベスト50に入った曲は、10曲で、アイドルランキング3位。

南野陽子の現在:実は苦しかった1年目

1stシングルが2万枚絡みても分かる通り、南野陽子は、1年目はかなり苦しかった。

なんと月収は3万円。寮の家賃3万円。

実質中抜き100%である。

 

南野陽子の1年目は、自由に使えるお金が1円もなかった。

両親に仕送りをもらっていた。腹が減ってもたえていた南野陽子。

おにぎり種類による、20円の差で本気で悩み、1番安いおにぎりを買っていた。

アイドル 女優
スポンサーリンク
Aの現在【今】