水谷豊の現在。結婚した妻,娘,息子,子供,ドラマ,年収,昔,デビュー当時

スポンサーリンク

相棒の主役として、変態天才キャラの右京さんで、ずーっとお茶の間の好感を稼ぎ続けている俳優、水谷豊。

水谷豊の現在だ。今何してるのか。結婚した妻、娘息子ら子供、ドラマの調子なども見ていく。

その前に、水谷豊の昔も軽く振り返っていく。

スポンサーリンク

①水谷豊の現在にいたる昔:絶対テレビに出るんや!

小学生時代、すでに「テレビに出てやる」と思っていた水谷豊。

幼い頃から芸能界に興味があったのである。

水谷豊は、力士になりたかったのだ。横綱大鵬にあこがれていた。

②水谷豊の現在にいたる昔:いきなり主役デビュー【デビュー作】

成長するにつれ、体格的に無理だとわかったおすもうさん志望の水谷豊。

水谷豊の昔

中学生になった水谷豊は、演劇に興味をしめし、劇団ひまわりに入団した。13歳のときだ。

さらに3年後の1968年、手塚治虫原作の特撮テレビ「バンパイヤ」のオーディションを受けて主役合格。なんと手塚治虫と共演した。制作はフジテレビ。

水谷豊の自宅に隕石でもふらないと、採算がおかしくなるレベルの順調さだ。

③水谷豊の現在にいたる昔:もう俳優は満足

水谷豊が俳優になったのは、テレビに出るためだった。

それをフジテレビの主役、しかも手塚治虫との共演で成し遂げた水谷豊は、他の道に進んでみたいなーと俳優をやめた。

能力がある人の行動力である。しかし、水谷豊も人間だった

④水谷豊の現在にいたる昔:底【大学】

俳優として類まれな能力を発揮して、行動力も人一倍の水谷豊。

東京商船大学の受験に失敗した。

浪人2ヶ月目で水谷豊は逃走して家出、野宿すらしていた。水谷豊の経歴を見る限り、人生の底はココだろう。目標もなく、行くあてすらなかった。

そんなとき、「バンパイヤ」時代に知り合ったプロデューサーに声をかけられて、俳優の道に戻った。

俳優
スポンサーリンク
Aの現在【今】