森口博子の現在【今と昔】若い頃,デビュー当時,結婚した旦那,子供,ガンダム

スポンサーリンク

元祖バラドルに名を連ねる、バラエティアイドルで歌手でもある森口博子。

森口博子の現在だ。今何しているのか、現在の活躍、結婚した旦那、子供、ガンダム関連などなど。

その前に、森口博子の昔、デビュー当時の若い頃も軽く振り返っていく。

スポンサーリンク

森口博子の現在にいたる昔:ガンダムOP【歌唱力】デビュー当時

森口博子 with 寺井尚子「水の星へ愛をこめて」( 森口博子「GUNDAM SONG COVERS」収録 )

森口博子は、NHK【勝ち抜き歌謡天国】出身だ。有名どころでは、最終回に名人となったのが、坂本冬美である。

森口博子は、アニメ【機動戦士Zガンダム】のオープニング【水の星へ愛をこめて】でデビュー。2019年7月にYouTubeに投稿された森口博子の同曲は、3ヶ月で150万再生近くを達成している。

圧倒的な歌唱力と、原曲を崩さないタイプのセルフカバーが、非常に好評なようだ。

森口博子の現在にいたる昔:所属事務所「首な」「ひぃぃぃぃ!!」

しかし、アイドル業界は厳しかった。

森口博子の現在

森口博子は、芸能界に入る前から、アイドル歌手になりたくて、オーディションを受けまくっても落選しまくった経歴がある。

12万人のグランプリになった井森美幸でさえ、アイドル歌手として目が出なかったのだ。

松田聖子に中森明菜、浅香唯らアイドル四天王におニャン子クラブと、超アイドル時代だったことも、大きな障害になっていた。

売れなかった森口博子は、クビを言い渡される。

森口博子の現在にいたる昔:福岡、帰りたくない

もうあとは「YES」といえば、クビになって、実家の福岡に帰るところまでいった森口博子。

森口博子は、「ひぃぃぃぃいぃ、なんでもやりますからあああ」とおいすがって、なんとか仕事をもらった。それが1987年に山瀬まみが開拓したアイドル新境地、バラエティアイドルである。

森口博子は、「雄ロバを口説く」というバラエティ企画に埋めこまれ、なんなのこれはと意味不明だと思いながらもやってのけた。

やるだけやった結果、成果も出たかどうか分からなかった森口博子。
全然仕事がなかった森口博子は諦めかけて、しかし次第にバラエティの仕事が増えて、レギュラーも何本を入るようになった。

山瀬まみ井森美幸と並んで、元祖バラドルと呼ばれる地位を獲得した。

海外スター
スポンサーリンク
Aの現在【今】