森三中の現在【芸歴】「消えた?」大島、村上、黒沢の今2019

スポンサーリンク
お笑い芸人

中堅女性芸人コンビのてっぺん、森三中の3人組。

コンスタントに面白いこの3人であるが、消えた気がすると思っている人が少なからずいるようだ。

森三中の芸歴を振り返りながら、現在の森三中の活躍具合とか、炎上とか、見ていきたい。

森三中の意外な芸歴【村上、大島、黒沢】

1998年結成。

東京NSC4期生:同期には、ロバート、インパルス、POISON GIRL BAND、椿鬼奴

2年後、早くも森三中ブレーク

ブレークするのがすごく早かった3人。経緯を説明する。

①まず、ダウンタウンの「ガキの使いやあらへんで」のハイテンションベストテンに出演して、好評を得る

②気に入られて、ガキの使いの企画に呼ばれる。浜田に女子として猛アタックする企画で大好評。計4回も放送

③そこからどんどん森三中3人だったり、ピン、2人といろんな場所に出演するようになった。

実は、とくに賞はとっていない森三中

芸歴と言ったら、やはりネタの実績うんぬん、大会うんぬんである。

ところが森三中は、バラエティで注目を集めて、大して大きくもない波に長ーく乗って売れた。

なので、芸歴をまとめてしまうと、

「ガキの使い」で注目浴びて、そのままだらだら売れ続けた

となる。

ある意味で、実力がなければ、不可能な売れ方ともいえる。

森三中は、MCが欠片もできない

森三中のMC能力について、根っことなるエピソードがある。

デビュー7年目、スタッフがある要望をした
「【今までにない森三中】を見せたいからMCをやってほしい」
特に問題がなかった。たまには別のことをするのもイイだろう。気分転換だ。気軽に受けた森三中。
蓋をあけたらパニックだった。何をすればいいか、舞台上で迷子になる。地獄だった。
いつの間に、ゲスト同士で盛り上がっていた。
1時間経っていた
大島は、蚊帳の外具合に、泣き出してしまった
こっぴどく打ちのめされたて、楽屋に戻った森三中3人。
3人はさきほどの出来を評価し合った。すぐに自分たちは笑いに向いていないのではと疑心暗鬼になった。互いのスケジュール帳を見ながら、いつ解散するか話し合った

森三中のこのトラウマが彼女たちがMCをやらない理由である。

実はこの話には続きがある。

森三中は、この問題から立ち直ったことはない。
つまるところ、トラウマはちっとも解決しないままで、仕事がなくならないがゆえにずるずると20年経っていた。

現在の森三中はMCはできるのか。テレビで「じゃあ試しにMCやってみる?」となったことがあった。

トラウマといえど、15年経っている。トークの化け物たちの中でやってきた経験があった。

結果、話に入っていけず、結果は同じ蚊帳の外。まったく成長はしていなかった。

森三中はMCができない

森三中の現在の活躍に進む

テレビから本当に消えたのかを出演しているテレビ番組から見ていき、整理する