森高千里の現在【今と昔かわいい画像】代表作,結婚した旦那,江口洋介,子供,デビュー当時,若い頃など

スポンサーリンク

1990年代に活躍した歌手の森高千里。

森高千里の現在だ。今何してるのか、現在の画像、結婚した旦那、江口洋介との関係、子供などなど

その前に、森高千里の昔、デビュー当時から若い頃を、かるく振り返っていく

スポンサーリンク

森高千里の現在にいたる昔:デビュー当時

森高千里は、ポカリスエット初代イメージガール。

18才、九州女学院(現在:ルーテル学院高等学校:偏差値58)在学中に、グランプリになった。

その後は、2年間ポカリスエットイメージガールとして、CMに出演する。

その後の後継者を見ると大物揃い。
宮沢りえ、中山エミリ、鈴木杏、綾瀬はるかなどなど。

森高千里の現在にいたる昔:女優&歌手デビュー

デビュー翌年には、

映画「あいつに恋して」でヒロインと主題歌を担当。

森高千里の若い頃
映画「あいつに恋して」より

当時は、女優も歌手も両方やるアイドルは少なくなかった。

森高千里の場合は、もともと学生時代からバンドをやっていたこともあったからか、数カ月後には歌手に重点を置いて活動を始める

森高千里の現在にいたる昔:ブレイクきっかけ「17才」衣装、画像

森高千里の若い頃
森高千里「17才」より

森高千里がブレイクしたのは、歌手活動を始めてからちょうど2年後に発売した、南沙織のカバー曲「17才」。

売上は5万すら超えられなかった森高千里が、いきなり20万ヒット。(カバーなので、代表曲ではない)

森高千里 『17才』 【セルフカヴァー】

売れた理由は、有名曲のカバーで話題になり、衣装で話題になり、森高千里の美貌で話題になり。

そして爆発的に固定男性ファンが増えた。

ここから、半年後に発売したシングル「道」以降、7年間1度も10万枚を切ることなく、ヒット歌手として君臨し続けた

森高千里の現在にいたる昔:さらなる飛躍の代表曲「私がオバさんになっても」

森高千里 『私がオバさんになっても』 (ライブ)

現在、驚異の2000万再生を獲得している、森高千里の代表曲。

森高千里の曲で、1番有名な曲だろう。

この曲は、森高千里にとっても、大きな飛躍となる曲だ。

10万台売上の歌手だった森高千里が、女性の共感を得たことで、ファンを獲得。30万から40万のシングルを売るヒット歌手に覚醒する。

歌手
スポンサーリンク
Aの現在【今】