中田英寿の現在。現役時代の伝説,凄さ,年俸,トッティ,年収,早すぎる引退理由

スポンサーリンク
スポンサーリンク

日本のサッカー選手で、伝説的な人物としては、中田英寿を欠かすことはできないだろう。

2006年7月29歳という早すぎる引退に、多くのサッカーファンに喪失感を与えたスーパースター中田英寿の現在だ。今何してるのか?仕事や画像らもみていきたい。

その前に、中田英寿の現役時代などの伝説や早すぎる引退理由らにも触れていきたい。

中田英寿、現在にいたる伝説①努力の天才【年俸】

「中田英寿は、U-17世界選手権、U-19アジア、23歳以上のオリンピックと、年齢の枠外から参加して、すべてで飛び級参加を果たしている」

この文章だけみると、おお中田英寿やっぱ天才!と思ってしまう。

しかし実は、中田英寿は、期待されている選手ではなかった。
選抜に呼ばれた中で、最年少だった中田英寿だが、最年少なだけで、むしろ年の差で他の選手のほうが優れていた。

だから最初は補欠だった。しかし、徐々に試合で出る回数が増えて、最終的には気づけばレギュラーをとっていた。レギュラーになっていたのも、「あいつすごすぎる!!」と飛び抜けていたわけでなく、いつの間にか中田英寿のほうが起用するに足る選手になっていたかららしい。

中田英寿は、努力家として知られているのだ。努力の天才だ。

が、中田英寿が次第に飛び抜けていったのは事実。
高卒プロ入りのときには、すでに、天才的だった。
Jリーグ12クラブ中11クラブが積極的に獲得しようとして、入団したベルマーレ平塚では、高卒1年目として超絶破格の年俸1000万。
高卒年俸は200万円前後とか、高くても500万にも届かないのが当たり前なことから見ても、中田英寿の当時の評価が分かる。

中田英寿、現在にいたる伝説②セリエA、3シーズン目優勝【年俸】

○ペルージャから、ローマへ【移籍金数倍】
ペルージャでのシーズン1年目、ミッドフィルダーとしていきなり年間10得点の日本人最高記録を達成した中田英寿は、セリエAの強豪ASローマに移籍した。
ペルージャへの移籍金は470万ドル、ASローマへの移籍金は1600万ドル。中田英寿への海外からの期待度が高まっていることが分かる

○海外3シーズン目、セリエA優勝
優勝を争っていた強豪ユベントスに、途中出場から2得点を獲得して、1人で引き分けにまで持ち込んだ中田英寿は、日本人初のセリエA優勝を達成する。中田英寿のスタメン出場は、わずか5試合だった。日本人としては悔しい。しかし出場回数が限られた中で、実績を残した中田英寿はやはり英雄だ。そして、中田英寿の実績を証明するように、移籍金さらに倍の33億円で、パルマに移籍した。これは、当時のアジア人最高金額だ。パルマでの年俸は4億円である。

※中田英寿の年俸推移
平塚では、入団年俸1000万から2年後には4000万円に。
ペルージャ入団に入団すると8100万円で、ローマでは2億5000万円。
そしてパルマに言って4億円になった。
その後は、次々入れ替わる監督陣に、思うような活躍が出来ず、4億円から8500万円に低下、しかしまた3億円に戻すという中田英寿。最終的には怪我が原因で、2000万円まで低下、引退となる。

中田英寿、現在にいたる現役時代イタリアでの評価

デルピエロやファビオ・カンナバーロなど、多くの一流選手が中田英寿についてコメントしているが、共通している評価がある。

  • フィジカルが強い
  • テクニックがある
  • 欠点が極めて少ない
  • 走り続ける持久力を持っている
  • 日本サッカーのシンボルとなるべき男

ジダンが、「日本には中田しかいない」と言っていたのも有名である。

中田英寿の超絶フィジカル

中田英寿の体幹がすごすぎて笑ってしまう動画!尋常じゃないフィジカル&ゴール集 ● スーパープレイ

「足から根が生えたように」
すごいしっくり来るほど体感が強いのが分かる。知らない人が見たら、ぶつかってる相手がめちゃくちゃ弱そうに見えるのだが、この吹き飛ばされている人たちのだれか1人でさえ、僕が数人がかりでも動かなそうなムキムキマッチョである。恐ろしい。

中田英寿、早すぎる引退理由と現在に続く

中田英寿の現在の年齢は、1977/1/22生まれで、42歳である。

サッカー選手
スポンサーリンク
Aの現在【今】