中田英寿の現在。現役時代の伝説,凄さ,年俸,トッティ,年収,早すぎる引退理由

スポンサーリンク
スポンサーリンク

中田英寿、引退理由

○日本のスーパースター中田英寿が突然引退
中田英寿が引退したのは、2006年7月だ。
中田英寿は、まだ29歳で、引退をするにはあまりにも早すぎる。
中田英寿は、グロインペイン症候群(治療法が確立されていない、足の付根周辺の慢性的な痛みの症状)に苦しめられていたこともあり、怪我が引退理由なのではないかと推測されていた。中田英寿は、「少し前から10年間のサッカー界から引退しようと決めていた」とだけ語ってた。
実は、中田英寿が引退したのは、怪我が原因ではなかった。なぜなら怪我は引退したときにはすでに治っていたからだ(中田英寿本人談)

○中田英寿の早すぎる引退理由
中田英寿がサッカーをやっていたのは、サッカーが「好き」だからだ。
しかし、あるときからサッカーの「好き」の部分が楽しめなくなってしまい、そういった時間も長く続いたそうだ。だったらもうサッカーから距離を置こうと思ったという。何度あの時点に戻っても引退という選択肢は変わらないと言えるほどだったという。

中田英寿とトッティ【コメント】

ローマ時代、同じポジションで、レギュラーだったトッティ。

中田英寿について、こう語っている。

「印象的だった。後半途中、俺との交代でピッチに上がって、すぐに大きな仕事をやってのけたんだからね。本当にすごかった」
「彼のゴールがあったからこそ獲得できたスクデットだと言ってもいい。ナカタは偉大なプレーヤーだったよ」
「素晴らしいプレーヤーであると同時に素晴らしい人間だった。人にやさしく接する術を知っていたんだ。教育の高さを感じさせるし、礼儀正しい男だったよ」
「彼のクールさだ。スクデットを決めたパルマ戦の後、ロッカールームはどんちゃん騒ぎだった。ところがナカタはロッカールームの片隅でバスローブを着て、“ファンタスティコ”な微笑みを浮かべながら俺たちのバカ騒ぎを眺めていた」
「ロッカールームのお祭り騒ぎにナカタを招待しよう。もう一度、あの微笑みを見たいからね」

SOCCER KING

 

サッカー選手
スポンサーリンク
Aの現在【今】