中山雅史の現在【ゴン中山】現役,引退,結婚した嫁,子供由来,現在の活躍

スポンサーリンク

日本が誇る超ストライカーの中山雅史、ゴン中山。

中山雅史の現在だ。今何してるのか、現在の活躍、結婚した嫁、子供などなど。

その前に、中山雅士の昔、若い頃の活躍や記録を、テンポよく振り返っていく

スポンサーリンク

中山雅史の現在にいたる昔【ゴン中山】:デビュー前

中山雅史がプロ入りしたのは、1990年。

大学卒業後、1年目に、プロ入りができそうだという話が出てきた。

 

中山雅史は、元サラリーマンで、厳密には当時プロではなかった。

大学卒業して就職したのがヤマハ発電機。

そのサッカー部に入ったものの、当時はまだクラブのプロ化が進んでいなかったため、カテゴリーで言うとサラリーマンである。

(ヤマハ発電機のサッカー部が、後のジュビロ磐田となる)

中山雅史の現在にいたる昔【ゴン中山】:世界の舞台で戦いたい

サラリーマンをやっていた中山雅史は、

しかしプロとして活躍したいという気持ちは非情に強かったらしい。

というのも、中山雅史の近くには、武田修宏という天才が常にいたらしい。小学校からずーっと見てきて、「自分とは格が違いすぎるな・・・」「彼と同じ舞台で戦いたい」という気持ちがあったとか。

(武田 修宏)Jクロニクルベスト:1993ベストゴール

よって、

中山雅史の当時の考え方は、おのずと「ワールドカップに、日本代表として出たい」となっていた

そんな中山雅史が、【日本代表初のW杯得点】を決めるわけだから、感動的である

中山雅史の現在にいたる昔【ゴン中山】:ギネス級ストライカー

中山雅史は、Jリーグ最優秀選手賞受賞はもちろん、

得点王2回にベストイレブン4回、通算最多得点(2016年に佐藤寿人に抜かれた)などなど、

日本を代表する一流ストライカーなのは間違いない。

 

しかしもっとも印象深い記録と行ったら、【ハットトリック】記録だろう

中山 雅史が1試合5ゴールの大爆発!【あの年の今日:4月15日】
中山 雅史が4試合連続ハットトリックの偉業!【1998年4月29日】

中山雅史は、4試合連続ハットトリックを達成。

これは当時のギネス記録であり、国際試合の最短ハットトリックに関しては、未だに破られていない。

詳しい記録を見てみると、数字がバグっているのかと思った。なんと開幕3分15秒でハットトリックを達成しているのだ。

ハットトリックと言ったら、ストライカーにとって最も名誉ある記録なわけだが、そんな偉業の記録を複数持っている中山雅史は、間違いなく、最高のストライカーだろう。

フォワードとして超一流の記録を持っている中山雅史は、ディフェンダー移行も考えていたらしい。

「武田修宏がいるなら、俺がいっしょにワールドカップに出るならディフェンダーも考えないとなー」と。

いまでこそ、バラエティでちゃらんぽらんな感じの武田修宏だが、すごい選手だったんだな

中山雅史の現在にいたる昔:引退

その後の中山雅史は、J1最年長記録を更新しながら(現在は三浦知良の52才で抜かれた)

常に第一線で戦い続けた。

そして2012年末
「両膝が思うがままに動かせなくなった」という理由で、引退会見を開いた。

しかし、中山雅史は、
「本当はもっとプロとしてやりたい」
「未練は多い」
「元気になったら必ず戻ってくる」
という趣旨の発言をして、あくまで「第一線を退く」のであって「引退」については言葉を濁していた

といっても、当時はすでに45才。

だれもプロに戻ってくるなんて思っていなかった。

サッカー選手
スポンサーリンク
Aの現在【今】