おぼかたさん今【昔と最新画像2019】文春写真→結婚→整形【小保方晴子】

スポンサーリンク

おぼかたさん、今めっちゃかわいいやんけである。整形か?

おぼかたさんの今が、とんでもなく可愛いことにいろいろ騒然となっている。僕の中でだ。

なので、時系列順に小保方さんが事件前、事件当時、文春最新画像とどう変化していったのか画像を紹介していきたい。

スポンサーリンク

事件からもっともっと前のおぼかたさん(画像)

おぼかたさん学生時代
(https://pikaribox.com/obokataharuko-01-4377)

おぼかたさんの若い頃の画像である。

おじさん好みの顔をしている。

早稲田大学理工学部卒業、早稲田大学大学院理工学研究科修士過程を修了、その後はハーバード大学医学大学院にもいたことがある才才才女である。

僕は真ん中の赤い服のおぼかたさんが好きである。

 事件前:元気だった頃の小保方晴子(おぼかたさん画像)

おぼかたさん画像  小保方さん画像
(https://www.hachi8.me/haruko-kozo-discovered-stap-cells/)

身長163cm。体重は不明。STAP細胞の研究に勤しむ話題の人物であった。

小保方さんは幼少期から生命や再生医療に対して興味を持っていて、高校に入る頃には「うち、研究者になる↑」と思っていたらしい。大学では、すでに教授も鼻の下を伸ばしていた。たぶんな。教授の印象は極めて良かったぞという話はあるようだ。

STAP細胞(外からの刺激で体細胞を初期化することで、すべての生体組織と胎盤組織に文化できる万能細胞)が発見されたと公表したときなんかは、「きゃわいいのにすごいね!」「ノーベル賞候補やんけ!」「OH~、オボカタサン、キュートね」と、またたくまに脚光を浴びた。

おぼかたさんにとって、人生最高潮だったといえる。

2014年 事件当時:儚い系の小保方さん(おぼかたさん画像)

おぼかたさん今 小保方さん
(https://www.sankei.com/life/photos/160224/lif1602240027-p3.html)

当時は意識していなかったが、おぼかたさん、美人だったんだな。幸薄系というか、守ってあげたい系というか。

人生最高潮から、奈落落ちからの地面突き抜けて、マントル落ちしたおぼかたさん。

世間からの大バッシング、「コラ、だめだぞ!」と怒られた。おぼかたさんはすぐに不服を申し立てたけれど、認められず、早稲田大学博士号も剥奪されてしまった。

笹井芳樹(元京大医学部教授)が追い込まれて自ら命を・・・。
これによって、バッシング騒ぎはさらに加速していった。これにかんしては、少し可哀想ではある。

笹井芳樹がその選択を選んだのは、マスコミや世間のバッシングによるところだ。たとえば、マスコミは、「”小保方さんがES細胞を盗んだ”イメージが付くような番組」を作ったことすらあった。もちろんそんな事実はない。マスコミの助長に世間は乗っかった。

おぼかたさんはその中心にいて最もダメージを受けていたにもかかわらず、その選択を選んでいない。つまり、きっかけはおぼかたさんの不正だが、笹井芳樹の選択は、ひとえに精神的に弱い人間だったからで、バッシングがひどすぎたからだ。

子供ならまだしも、50を超えたオッサンの選択はオッサン自身が背負うものだろう。オッサンの選択の責任をとれ!とバッシングするのは、死を選ぶというかわいそうなことになっているとは言え、ちょっとめちゃくちゃである。おぼかたさんが悪意を持って笹井芳樹を追い詰めたなんて話もないわけである。

おぼかたさん、事件後の画像に続く

小保方さん、奈落徘徊編

女性
スポンサーリンク
スポンサーリンク
Aの現在【今】