小田和正の現在【今と昔2019】年収,カラオケ印税,CD売上,結婚した嫁,子供

スポンサーリンク

日本が誇る、スーパー、ミラクル、マスター歌手、小田和正。

小田和正の現在だ。今何してるのか。年収、カラオケ印税、結婚した嫁、子供らについても見ていく。

そのまえに、小田和正の昔についても、軽く振り返っていく。

スポンサーリンク

小田和正の現在にいたる昔:学歴が上級

小田和正のデビュー前は、賢いボウズだった。

聖光学院中学から聖光学院高校(偏差値75)

大学は、東北大学工学部とばっちり国立。

大学院は、早稲田大学大学院理工学研究科

絵に書いたような高学歴だ。高校時代から音楽にも熱中していたというのだから、しゅごい。

小田和正の現在にいたる昔:オフコース時代

小田和正の若い頃の画像

高校時代に結成したフォークグループの「オフコース」。

シングルでは「さよなら」が72万枚のヒット、他にも「Yes・No」35万枚、「君が、嘘を、ついた」32万枚とヒット曲も多い。

ただ、小田和正がボーカルだと言うのに、オリコンシングルチャート1位は1度もなかったし、「さよなら」のヒット後は、10万枚前後の売り上げで右往左往していた。なんて厳しい世界なんだ。

時代が少し早すぎたのはある。なんてったって、当時は演歌、演歌、演歌だ。小林幸子が今よりもっとすごかった時代である。

小田和正の現在にいたる昔:「ラブ・ストーリーは突然に」

オフコースの活動が伸び悩んで、ソロデビューを果たしてから、5年間、小田和正は、伸び悩んでいた。

シングルCDも、22万→16万→9万と、元気がない様子。

そして1991年、「東京ラブストーリー」だ。最終回32.3%の超ヒットにのって、小田和正の「ラブ・ストーリーは突然に」が100万を突破した。

だか100万なんて、序章だった。
小田和正は、このドラマだけで、トップアーティストにまで登りつめたのだ。

小田和正のシングルは、ダブルミリオンを通り抜け、気づけば270万枚の売上となった。

小田和正の現在にいたる昔:「小田和正って人すごくね?」現象

もともと、日本トップクラスの美声と実力を持っていた小田和正。

東京ラブストーリーで、知名度が全国規模になっただけにとどまらず、「小田和正、歌、超うまくね?」と超アーティーストに進化。

小田和正は、様々な企業らとタイアップを繰り返し、日本を代表するアーティストの地位を固めた。

歌手
スポンサーリンク
Aの現在【今】