鬼束ちひろの現在【今と昔2019画像】年収,カラオケ印税,CD売上,結婚,子供

スポンサーリンク

日本を代表する女性シンガーソングライター鬼束ちひろ。

鬼束ちひろの現在だ。今何してるのか、新曲や活動、結婚した旦那、子供らを見ていく。

その前に、鬼束ちひろの昔を軽く振り返っていく。

スポンサーリンク

鬼束ちひろの現在にいたる昔:デビュー当時【天才】

鬼束ちひろの若い頃

鬼束ちひろが、芸能界に乗り込んだのは、2000年2月だ。

鬼束ちひろが、シンガーソングライターを目指そうと思ったのは1997年、高校2年生のときだ。ジュエルのアルバム「心のかけら」を聞いて、行動せずにいられなかったようだ。

その後は、まさに天才だ。
シンガーソングライターを志して1年後には、初オーディションで、いきなりグランプリ。鬼束ちひろのデビューが決定した。

実は、天才シンガー鬼束ちひろの中学時代は、まれな優等生だったそうな。
特にとくいだった英語は、全国共通模擬試験で全国1位を取るレベル。当然通知表はすべて5。ガリ勉だったと仮定して、真面目に勉強してた娘が音楽に目覚めて、在学中にメジャーデビューの話まで広がったときは、両親びっくりしただろう。「あらぁ、ちぃちゃんの曲、ドラマに使われてるわ」
「そんなばかな・・・ほんとうだ」みたいな。

鬼束ちひろの現在にいたる昔:音速トップシンガー【デビュー作】CD売上

2000年2月にデビュー。鬼束ちひろ19歳だ。デビュー作は「シャイン」。

鬼束ちひろ – シャイン(unplugged)

翌年3月にファーストアルバム「インソムニア」を発売。

簡単に売れるわけない芸能界で、即刻ミリオンを達成した。130万枚だ。

鬼束ちひろの現在にいたる昔:月光

鬼束ちひろの超名作シングル「月光」。

発売されたのは2000年8月。鬼束ちひろが音楽に目覚めてわずか3年での誕生である。

鬼束ちひろ – 月光

「TRICK」の主題歌タイアップで、60万枚の売上。

現在に至っては、鬼束ちひろの「月光」は、5500万再生を突破している。

超というカンムリでは足りない、超弩級の名曲である。これがセカンドシングルって、天才やってら。

鬼束ちひろの現在にいたる昔:ジェット酔い

天才の鬼束ちひろは、1997年からジェット機のようにノンストップで突っ走り続けた。

デビュー後も変わらない。
鬼束ちひろは自分で作詞作曲をしているにもかかわらず、2年間でアルバム3枚も収録。しかも40回以上のライブも決行していた。

天才も、体調不良には勝てない。2002年、鬼束ちひろがぶっ倒れ、ドクターストップとなった。

歌手
スポンサーリンク
Aの現在【今】