尾野真千子の現在【今と昔2020きれい画像】結婚した旦那,子供,離婚理由,ドラマ

今では主役ヒロイン常連の女優となった尾野真千子。

尾野真千子の現在だ。今何してるのか?結婚した旦那は?子供は?

他にも、尾野真千子の子供時代やブレイク当時も軽く振り返っていく。

スポンサーリンク

尾野真千子の現在にいたる昔:美少女なる子供時代

14歳の尾野真千子は、映画監督が目をつけてスカウト。

もちろん美少女だった子供時代である。

尾野真千子の子供
(http://a12160714.xsrv.jp/kazuki/onomamitko1-2823)

1997年の映画「萌の朱雀」(当時15歳)では、いきなりの主演デビューだった。

華々しいデビューを飾った尾野真千子は、つらく長い下積み女優時代が続くことになる

尾野真千子の現在にいたる昔:芸能界は甘くない

美少女だった尾野真千子の下積み時代は長い。

事務所の押し女優にならなければなかなか売れるのは難しいのが女優。

尾野真千子がどんなに可愛くても、ドラマ出演は端役ばかり。「救命病棟24時」、大河ドラマ「義経」、「東京タワー」と有名ドラマにも出演していたが、どれもメインキャストに名前が挙がらない役柄だ。

尾野真千子は15歳のデビューから15年間、女優下積み時代を続けていた。

尾野真千子の現在にいたる昔:貧乏生活

貧乏だった尾野真千子の生活は、映画やドラマの端役がちょいちょい入るようになる25歳辺りまで、貧しさが極まっていたようだ。

  • 1ヶ月1万円いかないぐらいで生活
  • どうしても実家に帰りたくないので 仕事がないのに「仕事入った」と嘘をついた
  • 落ちているものが美味しく見えるのはスタンダード
  • いつしかタンポポが食べられるという情報をつかみ、摘んで食べるともう止まらなかった。10年間食べ続けた。
  • いろんな雑草に手を出していたことは言うまでもない
  • それでもダメなときは、両親にいろいろ理由をつけて助けを求めた

が、いつしか貧乏だから食うのではなく、草が食べたいから食べるようになったらしい。人間ってすげえな。

この時代だから、実際に、草と山菜を食ってみているyoutuberがいる。

【検証】「山菜」って別にどんな植物でもいいんじゃね?

結論は、山菜にもまずいものはあり、その辺の草も美味しいものはある。

尾野真千子の現在にいたる昔:ブレイク

尾野真千子がブレイクしたのは、全151回の連続ドラマ小説「カーネーション」だ(2011年下旬~)

1850人のヒロインオーディションを勝ち抜いて大抜擢。もちろん下積み女優弱者だった尾野真千子の選出に、忖度も出来レースもない。

草食いの尾野真千子率いる「カーネーション」は、大ヒット。
全151話で平均視聴率は19%超え。しかも連続ドラマ小説史上最高傑作の候補として挙げられるほどのドラマとなった。

15年間苦労が続いた尾野真千子を、一気にトップ女優へと押し上げた。

尾野真千子の現在:ブレイク後

大泉洋と尾野真千子らの掛け合いに観客大爆笑/『探偵はBARにいる2』

カーネーションを境に、「(TBS)サマーレスキュー【ヒロイン】」、「(フジテレビ)最高の離婚【主演】」、そして映画でも「探偵はBARにいる2(ヒロイン)」と、主役やヒロインも大量で、メインキャストでもボコボコ出演するようになった。

映画『魔女の宅急便』尾野真千子インタビュー
女優
スポンサーリンク
Aの現在【今】