大塚愛の現在【今と昔2019画像かわいい】カラオケ印税,CD売上,伝説記録,デビュー当時,若い頃,結婚した旦那,子供

スポンサーリンク

今や、定番カラオケソングとなった「さくらんぼ」歌手の大塚愛。

大塚愛の現在だ。カラオケ印税、CD売上、結婚した旦那、子供、最新曲ら活躍などを見ていく。

その前に、大塚愛の昔を軽く振り返っていく。

スポンサーリンク

①大塚愛の現在にいたる昔:デビュー当時からヒット

大塚愛は、2003年20歳で、エイベックスからメジャーデビューした。

デビュー曲は、「桃ノ花ビラ」で、44000枚の売上と、まずまずだった。

大塚愛が爆発するのは、そのたった3ヶ月後である。「さくらんぼ」だ

大塚愛の若い頃

②大塚愛の現在にいたる昔:「さくらんぼ」のヒット模様

大塚愛の「さくらんぼ」は、実は2ndシングルにして52万枚のヒット。

大塚 愛 / さくらんぼ

ただ、現在の「さくらんぼ」の有名っぷりからすると、少し少ないような気がする。

調べてみると、「さくらんぼ」は、2004年に「めちゃイケ」のエンディングテーマになっていた。2004年と言ったら「めちゃイケ」が歴代最高視聴率33.4%を獲得した年でもある。

結果、「さくらんぼ」は全国的に有名になっていき、2005年印税分配ランキング9位、2006年印税分配ランキング5位を獲得した。

③大塚愛の現在にいたる昔:可愛いからの映画主演

容姿端麗かわいい大塚愛。

そういった芸能人が自ずとたどり着くのが、映画デビューである。

大塚 愛 / フレンズ-東京フレンズver.-

2005年、映画「東京フレンズ」に、大塚愛は主演デビューを果たした。

ここまで歌手デビューから2年である。

歌手としてデビューして、映画女優として主演となるってのは、当時の大塚愛の人気っぷりを見て取れる。

ちなみに、映画の主題歌ユメクイは月間1位ダウンロード数を獲得することも多かった。

歌手海外スター
スポンサーリンク
Aの現在【今】