大塚寧々の現在【今と昔2019かわいい画像】若い頃,結婚した旦那,子供,ドラマ,CM

スポンサーリンク

昔からよく見る女優、大塚寧々。

大塚寧々の現在だ。今何してるのか。現在の画像、結婚した旦那、子供、ドラマらを見ていく。

その前に、大塚寧々の昔も軽く振り返っていく。デビューきっかけ、デビュー当時ら若い頃の話だ。

スポンサーリンク

大塚寧々の現在にいたる昔:デビューのきっかけ

大塚寧々が、芸能界デビューを果たしたのは、週刊朝日。1988年、20歳のときだ。

大塚寧々の若い頃

応募したのは、母親である。

日本大学藝術学部写真学科だった大塚寧々に対して、母親は思ったらしい。

「この子、カメラマンになるつもりなの!? そんなのだめ!」
「そうだ、プロのカメラマンの仕事を見れば、現実の厳しさを知るはずよ」

大塚寧々も、1回ぐらいええやろと軽い気持ちだった。

大塚寧々の現在にいたる昔:大塚寧々、「まあ別にええやろ」の精神

表紙モデルはもちろん合格。

さらに週刊朝日が発売すると、表紙の大塚寧々の美人さが、話題になった。

評判が良かったこともあり、オーディションを進められて、「まあ別にええやろ」の精神をもう一度発揮した。

結果は合格。カネボウのキャンペンガールになった。カネボウのキャンペンガールは、浅香唯や鈴木保奈美の系譜だ。そして3年後、女優になった。この3年間は、特に芸能界でやっていくつもりもなかったので、断わりつづけていた3年間だ。

大塚寧々の現在にいたる昔:CM女王へ

卓越した美しさもあって、女優として活躍する。

そして好感度も上げて、CMも大量に出演した。

最終的には1995年に、鈴木杏樹11本に次ぐ多さの9本で、正真正銘文句のつけようのないトップ女優の一人となった。

平岡祐太、大塚寧々の香りに「内心ドキドキ」

その後も、途切れること無く、CMに出演し続けている。

大塚寧々の現在にいたる昔:1998年、結婚、子供、離婚

1998年大塚寧々(29)は、詩人でありミュージシャンであり芸術家の三代目魚武濱田成夫(34)が結婚。

Mainichi. Kumo ga Oshiete Kureteruze. (Naked)

1年後には子供(男の子)が誕生。

さらに2年後、離婚となった。親権は大塚寧々へ。金もあるし、母親だし。

なぜ離婚したのかを調べるとわかった。「不倫した」だの「経済的格差があったから」だの。数字を集めるためのゴシップネタだった。要するに、大塚寧々と三代目魚武濱田成夫自身は、離婚について触れていない。

女優
スポンサーリンク
Aの現在【今】