酒井法子の現在【かわいい画像】のりピー介護せず年収○万円の今2020

スポンサーリンク

酒井法子が金に困っている理由【賠償金】違約金

酒井法子、覚せい剤逮捕

元所属事務所サンミュージック「あ」

賠償金請求

これが10年前である。

違約金として、5億円を課したと報道があった。現在も返済中である。

酒井法子の金銭トラブルはまだまだある。

酒井法子トラブル:住居ビルの所有者と揉めている【裁判】

現在、酒井法子は、のりピー賃貸部屋の持ち主から、立ち退き請求が来ている。

ビルの所有者は、ビルを売りたいらしい。

のりピーの部屋の家賃は10万円。いい部屋を10万円である。

前所有者の創業者が、のりピーママと40年来の付き合いで、娘のようにかわいがっていたのりピーを支援していたのだ。

しかしこの創業者が亡くなったので、跡を継いだ長男が「もう義理ないから」と立ち退き要求をした。

この立ち退き請求はおそらく9割のりピー勝利じゃないかという見方が強い。

日本人の住居権はめちゃくちゃ強いので、家賃10万円を払い続けてきた証拠があれば、まず追い出すのは無理である。

その結果として、創業者の主張は「契約書すら交わしてないから!」と結構めちゃくちゃな主張をしている現在だ。そりゃ契約書があったら、困るもの

酒井法子と創業者一家の戦い【1億2000万円請求】

僕は最初、思った。「酒井法子、1億2000万円請求されてんのかー、違約金5億円もあるのに大変だなー」

しかし実は、酒井法子が、創業者一家に請求しているのだ。

なんと、酒井法子が、創業者に対して1億2000万円を貸し付けていたのだ。

事実、前創業者が生きていた時から経営は傾き気味だった。ビルを売りたいのも金がないからだ。

1億2000万円の経緯は結構胸糞である

のりピーママが呼び出されて、創業家一家が取り囲み、威圧的に金銭消費貸借契約書をサインさせられた

またまた、債務弁済契約書を、創業一家の都合のいいように書かされた

長い漢字の似たような書類が出てきて、わかりにくいが、「借金なかったことにしろや」的なやつなんじゃないかという話がある

まじかよ、創業家やべえな、と思うところだ。

創業家は、酒井側の主張を一切否定、嘘つき呼ばわりしている。実際どちらの方が本当なのかわからない。

どっちも金に困っているし。

しかしここで新しい事実がある。

酒井法子、実は金に困っていない説である。

酒井法子の現在の年収や、中国ら海外での”のりピー人気”の詳細の話に続く

あんな事件があった酒井法子であるが、ほんとワーオな状況になっている。人間やればできるもんやなが10%、90%はやっぱ顔やな!!である。ディナーショーそんなもらえんのかよである。そのぐらい怒涛の活躍だ。