反町隆史の現在【今と昔2020画像】デビュー当時,伝説,凄さ,ドラマ代表作,相棒の評判評価

スポンサーリンク

1990年代後半に大ブレイクを果たしたスーパースター俳優で、相棒をやっている反町隆史。

反町隆史の現在だ。今何してるのか、相棒の評判はどんなもんなのか、現在の活躍やイケメンさもみていく。

その前に、反町隆史の昔の凄さや伝説的な視聴率もふりかえっていく。

スポンサーリンク

①反町隆史の現在にいたる昔:意外なデビュー当時

反町隆史のデビューは、16歳ぐらい。

181cmのいまと、変わらず高身長でイケメンだった反町隆史は、モデル出身だ。

反町隆史の現在

そして、意外なことに、ジャニーズ事務所に所属していた経歴もある。

ジャニーズとしての活動はほとんどないなか、光GENJIのバックダンサーをやっていたらしい。

②反町隆史の現在にいたる昔:凄いぞ! モデルとしての活躍具合

モデル出身と言ったら、大抵の場合、ちょろっと雑誌に出ていたパターンがおおい。

コンスタントに表紙を飾るようなタイプは、一部だからだ。

反町隆史の場合は、ファッションモデルとして活躍して、パリコレにも参加していたらしい。

③反町隆史の現在にいたる昔:俳優開始から3年間は我慢め

20歳1994年に、研音へ行く。

そこから、3年間ぐらいは我慢どきだった。

俳優デビュー翌年に、いしだ壱成主演ドラマ「未成年」が平均視聴率20%を果たし、反町隆史の名は全国に知れ渡った。結果コンスタントにドラマに出演するようになった。

しかし、ほとんどの連続ドラマは2番手3番手の出演。フジテレビ月9【翼をください!】は、内田有紀の相手役になって、平均視聴率は13.5%。

いろんな俳優がいるなかで、もちろんダントツに恵まれた状況にいた反町隆史。
しかし、そろそろ主演級で結果をださないとやばいよねーって焦りを感じ始めていた。

そして飛び跳ねたのが【バージンロード】だ

④反町隆史の現在にいたる昔:ブレイク具合【怒涛の超ヒットドラマ3連チャン】

1997年、23歳で、出演したのがフジテレビ月9の【バージンロード】。

主演は、日本アカデミー賞最優秀賞だったり、連続ドラマで10本近く主演をやっている、超人気女優の一角、和久井映見。相手役が、反町隆史だ

ドラマ【バージンロード】は、右肩上がりの視聴率で、最終回には28.3%。平均視聴率は21.4%。そして通称「フジテレビレール」に乗る。「ヒット俳優を高額ギャラで、とりあえず主演にすえる戦法」を、フジテレビがとっていたからだ。

【ビーチボーイズ】である。平均視聴率は23.7%。

そして次の連続ドラマが【GTO】である。平均視聴率は28.5%。最高視聴率は35.7%。

俳優
スポンサーリンク
Aの現在【今】