反町隆史の現在【今と昔2020画像】デビュー当時,伝説,凄さ,ドラマ代表作,相棒の評判評価

スポンサーリンク

⑨反町隆史の現在:相棒の評判は、視聴率で見ると微妙という声

反町隆史の相棒は、すでに2番目の長さになっている。

1位 寺脇康文(SEASON1~7途中)

2位 反町隆史(SEASON14~18)

3位 及川光博(SEASON7途中~10)

4位 成宮寛貴(SEASON11~13)

水谷豊やスタッフとの相性がいいってことだろうか。

が、気になるのは視聴率。

実は、成宮寛貴(SEASON11~13)は3SEASONとも平均17%代をキープしていて、反町隆史に変わって15%代に急降下。

  • 相棒11 平均視聴率17.3%(ここから成宮寛貴)
  • 相棒12 17.4%
  • 相棒13 17.4%
  • 相棒14 15.3%(ここから反町隆史)
  • 相棒15 15.2%
  • 相棒16 15.2%
  • 相棒17 15.3%

こうやってみると、すごくわかりやすい。
コレは、反町隆史、早々の降板も有るなーとか言われていた。

⑩反町隆史の現在:相棒の評判は、結論「超優良」

しかし「反町隆史は、視聴率がとれない」は、構造を理解していない人の見解と断言できる。

テレビドラマ全体の視聴率が、ココ数年でガタ落ちしているのだ。

2013年成宮寛貴時代には、半沢直樹42.2%が伝説を残し、ドクターX26.9%、ガリレオ22.6%。全体でいうと、20%平均を超えているドラマが6本もあった。

しかし翌年には20%超えは「HERO」と「ドクターX」の2本のみ

さらに翌年、反町隆史が参加した2015年では「下町ロケット」の1本のみ

そんな状況下、2018年に放送された「相棒17」と「相棒16」は、2018年の視聴率3位5位という結果になっている。(連続ドラマ全体ではなく、2018年に放送された分だけのランキングです)

2011年には松嶋菜々子が、「家政婦のミタ」で42.8%の伝説残したし、この夫婦強い。

 

つまるところ、反町隆史の相棒はめちゃくちゃ好調だってことだ。
ココ数年で、NETFLIXやYOUTUBE勢がいっきに伸びている中、15%を維持し続けている、「水谷豊×反町隆史」の相棒が、非常におもしろく、めちゃくちゃ根強いファンがいるってことである。今後も、2人の相棒は長く続きそうである。

理由は2つ。
①「水谷豊×反町隆史」相棒が、好調だから。
②成宮寛貴→反町隆史変換でガタっと落ちて、落ちた先を維持し続けているので、変えるのがリスク高すぎる

⑪反町隆史の現在:イケメンすぎいいいい

反町隆史×水谷果穂 「深呼吸の時間」第1回

1973年12月19日生まれの反町隆史は、現在の年齢は45歳。

めちゃくちゃいい年のとり方をしている。

清潔感があって、渋さがあって、スタイルが良くて、落ち着いていて、優しそうな超ワイルドなおじさん。こんなパパいたら、娘の彼氏のコンプレックスえぐそう。

ドラマBiz「リーガル・ハート ~いのちの再建弁護士~」第1話 振り返り動画

2019年にはドラマ主演もやっている。

おわり

俳優
スポンサーリンク
Aの現在【今】