スパイスガールズの現在【メンバー画像】不仲,ヒット曲,再結成,ベッカム,売上,年収,印税

スポンサーリンク
スポンサーリンク

世界一の商業的成功を収めた女性歌手ユニットといったら、スパイス・ガールズだ。

莫大な資産を手に入れたスパイス・ガールズのメンバーの現在だ。今何してるのか?落ちぶれたのか?さらなる成功を収めているのか。

その前に、スパイス・ガールズの凄さについても軽く振り返っておく

スパイス・ガールズの現在にいたる伝説的凄さ【売上】

○スパイス・ガールズ、アルバムの売上
たとえば、日本で1番売れた女性歌手ユニット、プリンセス・プリンセスのアルバムは、「プリンセス・プリンセス 137万枚」「SINGLES 1987-1992 133万枚」「LOVERS 127万枚」だ。
スパイス・ガールズは、デビューアルバム「スパイス」3100万枚、「スパイスワールド」2000万枚だ。ちなみに日本でも、「スパイス」100万枚、「スパイスワールド」35万枚売れている

Spice Girls – Wannabe

○スパイス・ガールズ、売れたきっかけデビュー曲「ワナビー」
ワナビーの総売上は700万枚以上。
ワナビーの記録はどれを見てもとてつもなく、デビュー曲37カ国首位、当時のイギリス歌手のアメリカチャート記録ビートルズ12位の記録も更新。
ちなみに、ワナビーはたった10分でなんとなーくひらめきで作ったらしい。

○ワナビーは、過去60年間でもっとも簡単に認識できるポップソングに
2014年12000人以上を対象に、表示された曲がなんなのか、どのぐらいの時間がかかるかを調査したのだ。すると、ワナビーは2.3秒、世界1となっている。

○色々、鬱に悩んだ歌手グループでもあったスパイス・ガールズ
雑誌で2000人の募集から始まったスパイス・ガールズ。
この年代、日本の女性歌手オーディションだと、5万10万人の募集があって当たり前だったことからも、非常に少ないとわかる。
なので、多分こんなに売れるなんて思ってなかったのだろう。
マネージャーを何度も解雇する彼女たちは動機が「自由が制限されすぎた」だし、いつの間にか20社ともスポンサー契約していてお腹痛かったし、私生活を報道しないでほしかったし、2枚目のアルバムを出すのが早いと叩かれるし、メンタル面では散々だったようだ。
結果的に、ジェリは胃腸炎になって脱退するし、メルCは摂食障害になるし、ヴィクトリアはマイクオフで口パク中居くん状態だし。いきなり売れて、スターの舞台に立ったら、おかしくなるわな。

海外スター
スポンサーリンク
Aの現在【今】