高橋尚子の現在【Qちゃん】パチンコ依存症の真実は?旦那と結婚は?

スポンサーリンク
高橋尚子の現在 スポーツ選手

〇振り返る、高橋尚子の経歴
高橋尚子と言えば、マラソンの元世界記録保持者。女子マラソン史上初めて2時間20分を切った選手であり、マラソンをやっている女性なら、高橋尚子を知らない人は世界を探してもいないレベルの人物。日本の史上、女子スポーツで最も偉大な選手で、女子スポーツでは史上初の国民栄誉賞を授与された。

〇2016年リオ出発前に、パチンコ依存症疑惑がスクープ
スクープをしたのは「女性自身」。当時の様子を箇条書きにすると以下になる。

①2016年7月当時、高橋尚子は、リオオリンピックでリオ行き直前だった
②高橋尚子は、TBSのスペシャルキャスターにも起用されていた
③高橋尚子は、自宅から10km離れた千葉市内のパチンコ内にいた
④時間は昼11時30分ごろ
⑤瞬く間にドル箱15箱を積み上げた
⑥その間、食事もとっていない
⑦換金すれば10万だが打ち続け、そして一旦玉を精算
⑧帰るのかと思ったら、また打ち始める
⑨夕方ごろになると玉が全部なくなる
⑩手元には水のペットボトル2本だけ、食事はとっていない
⑪そしてトイレ休憩に飲み物を買って、またまた打ち始める

⑫すると大当たりが出始める
⑬時間は20時を過ぎ、この時打ち始めて8時間以上、当たりの波が来ていた
⑭20時30分ごろになると、マネージャーを務める旦那の西村孔さんが、駐車場にむかえに来る
⑮しかし、高橋尚子は連チャン中。
⑯なんと西村孔さんは駐車場で40分待ったあげく、1人で家に戻った
⑰このとき高橋尚子はメールを何度も送っている
⑱そして22時40分、もはや高橋尚子のみがパチンコ店内に
⑲店員に退店を促されながらも席を立とうとしない
⑳再度促されてようやく未練たらたらで退店
㉑駐車場で待つ恋人の車で帰っていった

高橋尚子さんはパチンコ依存症なのか。そのあたりの解説をしていきます