高岡蒼甫の現在【高岡蒼佑の今の画像】今何してる?,韓国,改名,結婚した嫁【高岡蒼輔】

スポンサーリンク

トリビア:高岡蒼甫から連なる花王の不買運動、実はなにも効果がなかった

なにも効果がなかったと言われると、横ばいなのかと思うかもしれないが、そうではない。真の意味で何の効果もなかったのだ。

【営業利益の抜粋】

2009年940億円

2011年1085億円(8月頃から不買運動)

2012年9ヶ月間で1016億円(不買運動真っ盛り)

2015年1633億円

理由としては、「花王不買運動」に反対した勢力、「花王買おう運動」があったからだと思われる。

経緯としては、フジテレビ批判から火が広がる形で間接的に発生した「花王不買運動」を、弱者の抵抗ではなく、集団の暴力と解釈した人たちが結構いたんですな。

宮崎あおいと離婚

高岡蒼甫が、最後にもっとも注目を集めたのは、宮崎あおいとの離婚だろう。

まだまだバリバリCMに出まくっていた宮崎あおいなので、女優を続けたいなら一緒にいるのは難しかったのかもしれない。

子供もいなかったので、後腐れ無かったというのもあっただろうか。

高岡蒼甫、1番出たテレビ局は、フジテレビだった

高岡蒼甫の経歴を調べてみると、フジテレビが1番出ていて、2番目がテレビ朝日で、3番目にROOKIESのTBSだった。

しかし割合でいうと、半分近くフジテレビだ。

そんななか、高岡蒼甫はフジテレビ批判をしたわけだから、勇者か。

高岡蒼甫、批判前後の変化

映画年間数本もなくなり、舞台出演も減り、テレビドラマも地上波はほぼなくなった。

高岡蒼甫は、芸能人に対して、twitterマニュアルを提示した形になったといえる。

当時のワイドショーはどこも、高岡蒼甫叩き一辺倒だったし。

「芸能人はテレビ批判をしてはいけない」という暗黙の了解が、確固たるものになった瞬間だろう。

俳優
スポンサーリンク
Aの現在【今】