滝沢秀明の現在【タッキー】引退理由,引退後,社長就任,年収,伝説,デビュー前

スポンサーリンク

1番王子キャラに近い男、滝沢秀明が引退したのは2019年1月1日。

滝沢秀明の現在だ。今何してるのか。引退後の活動について、引退理由についても触れていく。

その前に、滝沢秀明がいかにすごい男だったのか、デビュー前、デビュー当時から大出世するまでの流れを軽く振り返っていく。

滝沢秀明 / 「滝沢歌舞伎2018」“完全密着ドキュメント~東京編~”ダイジェスト映像

タッキー、イケメンすぎ

スポンサーリンク

滝沢秀明タッキーの現在にいたるデビュー前、デビュー当時

○滝沢秀明、貧乏だった実家
3人兄弟の末っ子、両親は離婚して、母親のもとで過ごした滝沢秀明。
母親は子どもたちのことをもちろん愛していたが、家庭環境は貧しかったようだ。3人兄弟だったし、食事も贅沢なものは食べられなかったようだ。

○滝沢秀明、働きたくてオーディションへ
滝沢秀明は、中学生になるともう仕事を考えるようになった。
そして思い至ったのが姉が好きだったKinKi Kids。これなら中学生でも働けると考えて、自ら応募したようだ。これが1995年滝沢秀明、13歳のときだ。

○オーディションから3週間後には、KinKi Kidsバックダンサー
並外れたイケメンだった滝沢秀明、オーディションでジャニーさんが直接会いに来てくれて、トントン拍子でジャニーズに入り、ダンスレッスンをして、1ヶ月前までテレビの向こう側の人間だったKinKi Kidsのバックダンサーとなっていた。

ジャニーさんの家族葬では、霊柩車の助手席に、近藤真彦でも東山紀之でもなく、滝沢秀明が座っていたという。ジャニーさんのタッキー愛は本物である。

滝沢秀明タッキーの現在にいたる伝説

○滝沢秀明の怒涛の活躍
滝沢秀明の活躍は、始まりからロケット噴射。
デビューした年には、フジテレビの「木曜の怪談」で1年以上主役を務め、1998年16歳で「ニュースの女」、1999年に「魔女の条件」で松嶋菜々子とW主演で、平均視聴率21%と大ヒット。さらに3年後には当時最年少の大河ドラマ主演で「義経」に出演した。これをキッカケに、ジャニーさんからの依頼で「滝沢演舞城」が始まって、「滝沢歌舞伎」につながる。

滝沢秀明 / 「滝沢歌舞伎2018」“滝沢歌舞伎2018~大集合スペシャル~”ダイジェスト映像

○滝沢秀明、ジャニーズのリーダー
「東の滝沢、西のすばる」と呼ばれ、滝沢秀明はジャニーズのリーダーをしていた。
嵐のメンバー、関ジャニ、生田斗真や山下智久ら後輩たちをまとめていたのが滝沢秀明だ。滝沢秀明は、ジャニーさんにもっとも目をかけてもらった人物でもあり、ジャニーさんにリーダーを指名された滝沢秀明は、アイドルとしてだけでなく、プロデュースや演出、スケジュール管理や礼儀作法の指導など、色んな仕事を任されていた。たとえば2010年から始まった「滝沢歌舞伎」では、演出は滝沢秀明本人がおこなっている。

たとえば、滝沢秀明の「キス仲直り」は有名で、後輩同士で喧嘩したときは、「ハイ仲直りしましょう」と形式的なものになることが多いので、壁を大きく乗り越えるために、キスさせるらしい。

○滝沢秀明、リアル王子
滝沢秀明は、見た目もさることながら性格も王子である。
平野ノラと共演して、平野ノラの靴が汚かったのを見た滝沢秀明は、「こんなに芸能界で頑張っていらっしゃるのに、なんてこった」と、事務所に電話して、全て自分で手配してプレゼントしたそうだ。

滝沢秀明の引退理由に、引退後の現在に続く【社長就任】

滝沢秀明の現在の年齢は、37歳である

アイドル
スポンサーリンク
Aの現在【今】