和牛お笑い芸人の現在【芸歴】水田信二と川西賢志郎の仲良しエピソード。和牛の超面白い漫才の動画は?

スポンサーリンク
和牛お笑い芸人 の現在 お笑い芸人

和牛、漫才のレジェンド芸人オブワールド。

面白いお笑いコンビはたくさんいるが、漫才というものに焦点を当てたとき、今よしもとで1番おもしろいと言われているのが和牛というお笑い芸人だ。

和牛(芸人)の現在は一体どうなっているのか、和牛の経歴を振り返ッてから現在を見ていこうと思う。

和牛芸人の現在にいたる意外な劣等感の芸歴

◯言い訳ができない和牛の同期の存在
和牛の同期には、かまいたち、天竺鼠、藤崎マーケットがいる。彼ら3組は卒業と同時にオーディションに受かって、あっという間にテレビに出て、賞をとってと、和牛に芸人としての力の差を見せつける成功を掴んでいた。

1組だったら、あいつは特別だと言い訳ができた。しかし3組いた。何が起きているかは自明の理だった。「和牛」はつまらない、そしてかまいたち、天竺鼠、藤崎マーケットは面白い。実力差だ。

◯活躍する同期と会うたびに、ちくしょーと思うしかない和牛
自分たちよりはるかに売れて遥かに賞をとっている芸人への劣等感が大きかった水田信二と川西賢志郎。ハングリー精神で漫才を磨いた。そしてはじめての賞は、結成3年目の2009年のABCお笑いグランプリ新人賞。優勝ではなかった。かまいたちは2007年に優勝していた賞レースである。

◯2006年のM-1にでた和牛
結果は1回戦出場。ボロボロだった。2007年は2回戦出場と一歩進んだが、2008年も2回戦と足踏みした。和牛は間違いなく、最初から面白かったわけではなかった。

◯同期「かまいたち」の背中を見てきた和牛
ABCお笑い新人グランプリでは、かまいたちが2007年2012年と優勝。和牛は2009年2010年とノミネート止まりだ

NHK上方漫才コンテストでは、かまいたちが2012年にトップを取り、2014年が和牛だ。

キングオブコントは、かまいたちが2016年3位2017年優勝。和牛は2016年予選落ち。

いつまでも追いつけない同期。かまいたちの人気は凄まじく、関西ではレギュラー8本もあるほどだった。芸人としてくすぶっているお笑いコンビ和牛。

和牛川西賢志郎は思った「自分はお笑い劣等生だ」かまいたちが挨拶してきた時は、激しく緊張した。下に見られているような気がした。

そして2016年のM-1だ。

◯M-1敗者復活からの準優勝を果たす「和牛」
敗者復活戦には18組のお笑い芸人が出場した。2017年優勝の「とろサーモン」2018年優勝の「霜降り明星」そして同期のライバルである、かまいたち。決勝といわれてもおかしくないレベルの戦いで、和牛は勝ち抜く。

かまいたち濱家は、和牛が準優勝した後に、川西賢志郎の発言を聞いた。「かまいたちと挨拶をするときはめちゃくちゃ緊張していた。自分はお笑い劣等生としての意識が強かった」それを聞いた濱家は激しく悔しいと思ったらしい。あいつら凄い人気なのにって。

和牛の面白い漫才【YouTubeで1番評価が高かった動画】

数分で見れるのでおすすめの動画。訪問者は、かなり再生しているようだ。

大阪よしもと漫才博覧会2「和牛」

では和牛 (芸人)の現在に続く

お笑い芸人
スポンサーリンク
Aの現在【今】