ユースケ・サンタマリアの現在【今と昔2019画像】結婚した嫁,離婚,ドラマ,消えた,干された

スポンサーリンク

ユースケ・サンタマリアの現在だ。

ユースケサンタマリアは、今何してるのか?結婚について、離婚について、子供について、ドラマについて、映画についてなど・

その前に、ユースケ・サンタマリアの昔も軽く振り返っていく。

スポンサーリンク

ユースケ・サンタマリアの現在にいたる昔:デビュー前

ユースケ・サンタマリアは、昔から変わらない。

ユースケ・サンタマリアの現在
(C)フジテレビ「踊る大捜査線」

「ぷっすま」らバラエティで、MCやったり場を回したりするユースケ・サンタマリアは、デビュー前からMCをやっていた。

ロックバンドに所属していたユースケ・サンタマリアは、ボーカルをやって司会をやって、ライブに来た観客を惹き付ける魅力を持っていたらしい。

ユースケ・サンタマリアの現在にいたる昔:テレビデビュー

ユースケサンタマリアは、バンド内で、唯一テレビソロ出演を果たす。

ある日、ユースケサンタマリアのマネージャーが、フジテレビの深夜番組のMCの仕事を手に入れたのだ。

ウッキウキとガッチガチを秘めながら、最初の打ち合わせに行ってみると、すべてウソだった。

マネージャーから聞いていた番組名も違うし、仕事ですらなかった。オーディションだったのだ。マネージャーが伝言ゲーム早とちりおじさんと化した結果、勘違いしてしまったのである。

ユースケサンタマリアは合格。1994-1998年の5年間、MCを務めた。

ユースケサンタマリアは、もう二度とテレビに出られることは無いだろうなと思っていた。

ユースケ・サンタマリアの現在にいたる昔:さんきゅー、トータス松本

その後、MCの腕をかわれたユースケサンタマリアは、ケーブルテレビで、トータス松本と2人で、番組MCをやっていた。

二人共無名、ユースケ・サンタマリアはほぼ無名で、トータス松本は完全無名だった。当時の2人は、「捨てるものなんて無いんだから、怖いものなんて無い」というかっこいい精神(ようするに「どうにでもなれ」)で番組をやっていた。

1995年末、トータス松本の「ガッツだぜ!」が大ヒット。66万枚の売上を達成し、トータス松本が一気に売れていく。
それに伴って、ユースケ・サンタマリアの知名度も上がっていった。

ウルフルズが売れまくったおかげで、ユースケ・サンタマリアも有名になった。

ウルフルズはバンド活動で忙しくなって、番組は生放送から収録に変わっていった。ユースケ・サンタマリアはブレイクと言うほどではなかった。コンビ間に大きな格差が生まれていた。番組では、トータス松本の都合が優先される。ユースケ・サンタマリアは暇だ。明らかに芸能人として格差が生まれた2人。トータス松本は、ユースケ・サンタマリアを見捨てることはしなかった。ライブツアーにも同行させたり、もちろん番組を辞めることもなく、売れるまで見守っていたらしい。熱い。

ユースケサンタマリアの現在:ドラマとぷっすま

知名度が上がったユースケ・サンタマリアは、「ガッツだぜ」の翌年、「踊る大捜査線」に出演。
このドラマ以降、俳優としてのテレビ出演も増えていって、現在の俳優としての活動がある。

さらに翌年、「ぷっすま」が始まる。相方は、すでに「夜空ノムコウ」でミリオンヒットを果たしたSMAPの草なぎ剛。

芸人路線(アイドルを言い訳にしない本格コントを披露する)を取り入れていたSMAPの草なぎ剛と、MCとしてバンバン番組を回せるユースケ・サンタマリアのコンビは、20年近い長寿番組を続けることになる。

軒並み番組が潰れていく中、20年も続いた「ぷっすま」
実写邦画一生抜くことは出来ない記録を作った173億の「踊る大捜査線」ユースケサンタマリアの知名度が確固たるものになったのは、間違いなく「ぷっすま」と「踊る大捜査線」のおかげだろう
俳優
スポンサーリンク
Aの現在【今】