ZIGGY森重樹一の現在は60歳超えてもパワフルすぎる【嫁、若い頃】

ZIGGY森重樹一は、高学歴の研究科気質なロックンローラーである。

ZIGGY森重樹一は、アルコール依存症で苦しんだ過去を持っており、結婚した嫁や子供に感謝している。

ZIGGY森重樹一は、現在60歳を超えてもなお、現役ロッカーとして活躍している。

スポンサーリンク

ZIGGY森重樹一、ロッカーとしては異色の高学歴を持つ研究家

○ZIGGY森重樹一、ただの早稲田大学卒じゃない
ZIGGY森重樹一は、早稲田大学第一文学部哲学科卒であることで知られている。
しかも、高校に関しては、偏差値65を超える「明治学院東村山高校」出身で、しかも首席で卒業している。
森重樹一の凄いところは、高校時代にすでに積極的な音楽活動をやっており、ライブハウスで演奏もしていたことだ。ロックンローラーとして長髪だが、通っているのは進学校。教師からは「成績落ちたら切ってやる」と脅されていたらしい。それで首席になる森重樹一もすごいし、成績を落とさければ約束通り髪の毛を切らない教師も優しい。

○ZIGGY森重樹一、研究家気質で成功
ZIGGY森重樹一の友人であり、音楽家のダイヤモンドユカイは、ZIGGYは売れるべくして売れたと語っている。歌謡曲やポップスがなぜ売れたのかを研究し尽くして、それを上手に自分の曲に取り込むことに成功していると評している。その研究があるからこそ、ZIGGYのヒット曲はほとんどすべて森重樹一自身が作曲したものとなっている。

○ZIGGY森重樹一、XJAPANとの大喧嘩伝説
ZIGGY森重樹地位は、XJAPANと喧嘩して、ホテルのワンフロアを破壊しつくした伝説を持っている。単なる噂だったが、現在では森重樹一が事実だと認めている。
XJAPANのギターのhideと仲良く話していたときに、夜にサングラスをかけていることを指摘したら、なぜか口げんかになって、いつの間にか大喧嘩に発展していた。フロア中の備品を文字通り破壊しつくすほどの激しさだったが、一夜過ぎると正気に戻ったのか、互いに頭を下げる回数を競い合うようにぺこぺこ謝罪しまくった。
最終的に、互いの事務所が数百万ずつホテルへの賠償として支払っている。

ZIGGY森重樹一がアルコール依存症になった経緯が恐ろしすぎる【現在の近況】

○ZIGGY森重樹一、真面目過ぎたせいで
酒を飲むようになる前の若い頃のZIGGY森重樹一は、まじめな性格もあって、酒を一切口にしたことがなかった。きっかけは、先輩だった。先輩が言うには「酒を飲むと、声が出やすくなる」真面目過ぎた森重樹一は、「酒のせいで歌えなくなるは聞いたことがない」「よりうまくなる可能性があるなら飲んだ方がいいか」と考えて、酒を飲み始めた。それが地獄の始まりだった

○ZIGGY森重樹一、やめられなくなる
酒を1度口にしたら最後、酒にどっぷりハマっていき、飲む量はあっという間に増えていった。最初は夜だけ飲んでいたのに、昼も飲むようになって、挙句の果てにはライブ中でさえ酒に手を付け始めた。その頃には酒を飲んだら、狂暴化するようにまでなったと言う。森重樹一は、気づけばアルコール依存症になっていたという。

○ZIGGYアルコール依存症で活動休止へ
2008年、ZIGGYは活動休止となっているが、これの最大の要因がアルコール依存症だと話している。アルコール依存症になったのは、芸能界へのプレッシャーや恐怖から逃げるためである。そのため、アルコールが体の中に入っていない状態すら怖がるようになり、最後の数年間は、アルコールが抜けている時間はまったくなかったほどだった。

○ZIGGY森重樹一、断酒、そして再び依存症へ
森重樹一はZIGGY活動休止後、アルコール依存症は悪化してしまった。しかし当時2歳の娘のためにどうにか辞めたいと思い始めたことで、1か月我慢できたとか。そして1か月我慢したからちょっとぐらい大丈夫だろと思って1杯飲んだら最後、無限に飲むようになってしまったとか。むしろ1か月我慢したことの反動か、依存症はよりひどくなり、鬱状態も深刻化してしまうことになる。ついにはもう依存状態の方がマシだと思い始めてしまって制限が利かなくなり、最終的に病院送りになった。

○ZIGGY森重樹一、アルコール依存症の恐怖を今語る
ZIGGY森重樹一は、病院に連れていかれた時の自分の体の状態は、間違いなく人生でもっとも悪い状態だった。それ以降、現在まで断酒に成功しており、10年以上酒は一滴も口にしていない。アルコールを1滴でも口にしたら、気絶するまで飲まずにはいられない自分になるだろうことがわかるからだ。現在は、アルコール依存症に悩んでいる人々を支援する活動も行ってる。

ZIGGY森重樹一、現在は病院依存症

○ZIGGY森重樹一、事あるごとに病院へ行く
ZIGGY森重樹一は、現在、自分が健康オタクであることを語っている。
ただし、単なる健康オタクではなく、過剰な健康心配性であり、病院依存症ともいえるような状況になっている。

○ZIGGY森重樹一、何かにつけて病院に行く
森重樹一は、歌手だ。そのため喉の調子が悪い感じるや否やすぐに病院に行く。これは、喉が商売道具の歌手なら普通だろう。しかし森重樹一の場合、胃だろうが泌尿器だろうが四肢だろうが、少しでも違和感があれば心配になって病院に行く。
鎖骨を肋骨したときなどは、行く必要もないのに、完治するまで週6日整形外科に通った

○ZIGGY森重樹一、病院で連続1位記録更新中
誰よりも病院に行きまくるZIGGY森重樹一は、毎年同じ病院でインフルエンザウイルスの注射をしてもらうのだが、できるかぎりはやく予約するので、「森重さん、今年も1番ですよ」と言われ続けているらしい。

ZIGGY森重樹一の現在:結婚した嫁と子供

ZIGGY森重樹一は、結婚した嫁について、ほとんど情報を公開していない。
しかし、ZIGGY森重樹一はもし結婚していなければ、そして2007年に娘が誕生していなければ大変なことになっていたと言われている。

○ZIGGY森重樹一、嫁と子供に救われる
ZIGGY森重樹一が、アルコール依存症を断ち切る決断を最初にしたのは、嫁から離婚を切り出されたときだった。そして娘の写真を見ながら、酒を飲むときの感情は悲痛だった。
それでも酒を止められない森重樹一を最後まで見放さず、アルコールを断ち切るために協力してくれた家族がいたから、今の森重樹一がある。

結果、2009年から完全なアルコール断ちに成功しており、2011年に長男が誕生している。アルコール依存症に打ち勝って、夫婦の絆を取り戻したわけである

ZIGGY森重樹一の現在:今も歌手としてZIGGYとして積極的に活動

ZIGGY森重樹一の現在の年齢は、1963/8/28生まれなので、60歳。
アルコール依存症による活動休止から、事実上の解散状態にあったが、30周年記念となる2014年に森重樹一の呼びかけで、活動再開。現在では積極的なツアー活動をしている。

メンバーについては、ソロでもミュージシャンとして積極的に活動していた森重樹一は常に参加していて、他のメンバーについてはサポートメンバーとして必要なときに参加して活動している形となっている。

60歳を超えてからの森重樹一のライブパフォーマンスは、現在も現役であることを証明する圧倒的な迫力を見せている

海外スター
スポンサーリンク
スポンサーリンク
Aの現在【今】