小林敬の悲惨すぎる現在。マネーの虎の社長、飲食店から離れられない

スポンサーリンク
小林敬の現在 マネーの虎

ネットニュースで、「小林敬が飲食店業界に復帰!新店舗オープン【現在】」と小耳に挟んだのは数年前か。

まあ今でも頑張ってるんだろうなーと調べてみると、なかなか悲惨というか残酷というか、小林敬の前に、厳しい現実があるのが分かった。

小林敬、悲惨すぎる現在【マネーの虎】社長

破産後は、飲食店、なんども数か月で潰す

2005年長崎オランダ村跡地に色のテーマパークを作り、半年後経営破たん、負債20億で自己破産

2010年京都四条河原町、QUATTRO CINQUE開業、4か月後閉店

2017年ラクズキッチンを開店、数か月後閉店

小林敬、時代の変化に追いつけない?

小林敬は、かつて80店舗も同時経営していたから、なんとかその知識やノウハウを生かそうとしているのだろう。

しかし、小林敬の新店舗はどんどん潰れていることがわかっている。

小林敬、現在も飲食店にこだわり続ける?

何度失敗しても、飲食店を軸にするのはやめない小林敬の現在だ。しかし「小林のやり方を実践したら営業利益200%UPする」は本当なのか?「簡単に営業利益を150%以上増やす秘訣」も本当なのだろうか。

飲食店業界の風雲児だった小林敬のセミナー

飲食店経営はしないときでも、飲食店セミナーしている小林敬。V字回復請負人をなのっている。

小林敬
(https://insyokukaigyo.com/)

過去に全国80店舗もの飲食店を展開していた小林敬は、本当に凄いと思う。

しかし、やはり多くの失敗をしていることからバッシングも酷いらしい。

ホリエモンは成功するには多動力(どれが自分にあっているかわからないので、手あたり次第触れてみてあっているものだけピックアップする)が大事だと述べているが、小林敬は多動力が欠けているということだろうか。飲食店にすがりすぎている気もする

小林敬、現在も”マネーの虎”ネタをこすり続ける

小林敬は2018年2019年現在になっても表に出てくるが、集客の仕方が目を覆ってしまいそうだ。

「マネーの虎の裏話(爆笑)聴けます!!」

「マネーの虎の話をしますよ」

「マネーの虎、マネーの虎、マネーの虎」

飲食店ノウハウをセミナーで話すときもこれをつかう。

小林敬は現在、集客のノウハウが無いのか?

マネーの虎ネタで集客をしようとする小林敬。

たしかに興味を持ってくれる人はいるかもしれない。

しかし、「飲食店経営に興味がある人」とは、ターゲットが違うように思える。じゃあなぜそのネタを使い続けるのだろうか。

ここまで小林敬、ダメダメじゃんと思ってしまった。

現在の活躍話はないの?と探してみる。するとあった。

いやいや、小林敬の現在、社長で五稜郭ガーデンを運営してるよ

五稜郭ガーデン、個室のご案内。

小林敬は現在、合同会社ルヴィーヴルの社長をやっている。

合同会社ルヴィーヴルは、2018年7月に設立した会社だ。

8月から五稜郭ガーデンを運営しており、五稜郭ガーデンを運営するために設立した会社だと思われる。

こうした大きな施設を運営できるということは、小林敬はそこそこ儲かっているということか

小林敬の現在が真に落ちぶれていて、このような施設の運営ができるようになるものなのだろうか?無理だろう。

え、凄いやんけである。

「小林敬、落ちぶれた落ちぶれた」

「倒産者がセミナーって誰が聞くの?小林敬さん」

大バッシングを受けている小林敬は、飲食経営者の中では現在もうまくやっている方なのかもしれない。

実は、数年前に小林敬が開店したQUATTRO CINQUEの高槻店は、現在も残っている。(2店舗開店して片方がすぐ潰れた)

とりあえず小林敬の”飲食店経営者向けのセミナー”は、こうやって成功している姿を積極的に見せていくべきなんだろう。酷いバッシングの中、本人の名声もV字回復していったら、小林敬はマジでカッコいいので、頑張ってほしい。

しかしながら、こうして現在イイ感じに上っているカッコイイ小林敬も、大バッシングを受けている理由がある。マネーの虎時代である。魂論、精神追い込み、アリジゴク教育法などなどだ。

小林敬【マネーの虎の社長】の過去の名言とか動画とか

小林敬、なかなか鬼畜

【マネーの虎】 小林敬のパワハラ鬼指導

コメント欄には、「店員が怒鳴ってる店で食う飯のなにがうまいんだ?」「こんな心が荒んでいる店で食べたくないよ」

店長がバイトに指示している後、ボロクソに店長をこき下ろす社長。後に残ったのは、メンツ丸つぶれの店長と、離れていくアルバイトである。

小林敬「戦争やで」

動画20分50秒頃だ。

小林敬曰く、飲食店に働く人間は、実戦の気分になっていないとうまくいかないらしい。ピリピリした戦争気分でないといけないらしい。ほんまかいな。

ロジカルな指導はしてなかった小林敬

論理的に考えて、人間は終始気を張ることなど不可能な生き物だ。しかし、人間は気が緩むし、人間は楽な方に動いていく。

よって、経営者としては、程よい緊張と緩和をあわせて、快適な職場環境を従業員に与えるべきといえる。

当時の小林敬は、「魂が感じてくれる」「戦場やで」と、エモーションに語り掛けてくる経営者だった。

僕は経営など素人なのだが、当時の小林敬についていきたいとは正直思わないかもしれない。

小林敬の性分

小林敬は言った。「自分は人を【道具】【駒】として使うことができない性分」

小林敬の名言「俺は物事を成功させる執行者だ」

当時の小林敬は、嫌われようが、悪く思おうが鬼と思おうが、どうでもよかったらしい。

とにかく物事を成功させることが自分の仕事であり、従業員を絞めつけまくることが勝利の方程式と信じていた。

小林敬は言う。

「チーム全体に、自分のことをナニクソと思わせてるのは、狙った結果」

「3人は追い込まれてるからこそ本気でやれる。頑張れ頑張れと言っても本気にならないでしょ」

「厳しく接するからこそ、相手が自分の魂を感じてくれる。真剣になってくれる」

小林敬「人間性をぐしゃぐしゃにしたら、人の心を掴める」

小林敬は、指導相手に、「おまえの人間性をぐしゃぐしゃにしてやるからな」と言ったことがある。

もちろん、小林敬の教育方針だった。

「人間性をぐしゃぐしゃにすれば、人間は真剣に取り組むし、人の心を掴めるようになる。僕のことも分かってくれる」と信じてやまなかった小林敬。

もちろん今の小林敬は違うことは忘れてはいけない

小林敬「表面的な言葉を捉えないでほしい」

体罰や罵声教育を浴びせる人間の常套句を、小林敬も使っていた。

僕はあなたのことを愛していますから的な。愛のムチだから、厳しくしてもいいよねてきなことなのだろうか。昔はこういうの平気であった時代である。

小林敬社長の指導体験者は語る①

「ションベンちぶるぐらいムチはとんできます」

「人間だからこのやろうと思うこともある」

「でも、いまあれ言われてなかったら、自分はどうなってたんだろうと思う」

小林敬社長の指導体験者は語る②

「俺は洗脳されたくない」

「自分は自分でいたい」

現在では、過度なストレスは脳に大きな負担を与えて、パフォーマンスが下がることが分かっている。

教育者がストレス発散となり気持ちいいから実行されていた厳しい教育法は、厳しくする方法以外の知識がない劣った教育者扱いをうける。

小林敬の(当時の)基本経営方針

少ない人件費で、安く食材を集めて、たくさん料理を出す。

実は誰でもわかる当たり前のことをやっていただけ。

ファストフードの場合は、教育マニュアルを渡し終わりで、すっごい楽。

しかし料理のクオリティや店員の質までこだわらなければならなった小林敬の店は、時代についていけず潰れていった。

現在は、転職も容易になり、情報も簡単に集まるようになった。搾取される低所得者が減ったところに、時代の変化がある。

小林敬のかつての自分を反省する

「リーダーシップをとれないものがリーダーになっている飲食店がおおい」

「リーダーシップがあるものがリーダーになれば、お店は安泰だ」

こうかたるのは色々倒産してからの現在の小林敬だ。

要は当時の自分は駄目だったということだろう

【マネーの虎】 出会い系英会話クラブ 【完全版】

謙虚ライオン

★マネーの虎★うどんの国から来た男【謙虚ライオン】小林敬ブチ切れ『それって最低じゃないですか』

ノーマネーに決まったオッサンに、吉田栄作が何か一言あればと尋ねた。

「別に決まりましたんで、かまいせん」オッサンは言った。

小林敬は切れた。「その顔としゃべり方がめっちゃ腹立つ。開き直ってるじゃないですか。謙虚ライオン」

これは、発言そのままである。

謙虚ライオンとは、「うまいこと言ったつもりだったけど、大して伝わってなかった」パターンのやつだったのだ。

あなたの会社が大きくなればなるほど泣く人が多くなる

松山市で自動車会社を経営している社長が、マネーの虎に来たときのはなしだ。(動画は無かった)

小林敬は、しめたと思ったのかもしれない。松山市には自分の店があるのだ。

小林敬は言った。「今松山で話題になっている飲食店、いくつか上げてみてくれる」

社長「カフェとか、カニの店」

小林敬の店は出てこなかった。これが気に障ったのかもしれない。

「予約なしでは、入られないくらい今話題店よ」

「下世話なコンサルタントだよ」

「あなたがおおきくなればなるほど泣く人が多くなります」

小林敬自身が大きくなっても、誰も泣かなかったからこそ言える台詞だろうか

※これらはあくまで、小林敬の過去である

とんでもなく酷い経営者と見えたかもしれない。ホリエモンも低レベルだって言ってたし、せやなと共感したかもしれない。

しかしこれらはあくまで過去の小林敬である

小林敬は言った。「3か月間で自己改革できない奴は、減給の上に、奥さんに手紙を送る。”あなたの旦那さんが自己変革しなかったゆえの減給です”って」

小林敬が自己破産してから、小林事務所がなくなってから15年近く経った。160か月。

小林敬は、少なくとも50回以上の自己改革を行っているのは間違いない。現実として大きな施設を運営しているわけだから、凄いものだ。

続いて、ホリエモンの「マネーの虎の社長、低レベル説」納得の理由に続く

マネーの虎
スポンサーリンク
Aの現在【今】